くらし情報『アーロン・カーター、女性恋人と破局「バイセクシュアルを理解してくれなかった」』

アーロン・カーター、女性恋人と破局「バイセクシュアルを理解してくれなかった」

2017年8月9日 19:15
 

関連リンク

・後藤久美子の娘・エレナ、鮮烈デビューも露出減 “サラブレッドお嬢様” の本当の夢
・野村祐希、交際中のIVAN・幼馴染の土屋太鳳らとの誕生日会を報告
・浅野忠信とCHARAの長男「役者未経験」で舞台主役デビューする背景
アーロン・カーター「次の相手?それは僕も楽しみ」


破産申請、病気(食道裂孔ヘルニア&摂食障害)、マリファナ所持での逮捕などに続き、「実は昔から男にも女にも魅力を感じる」と突然のバイセクシュアル告白で世間を騒がせた歌手アーロン・カーター。すでに恋人(女性)とも破局済みの彼だが、すでに次の恋について考える余裕があるようだ。本業ではなくスキャンダラスなネタで世間を騒がせている彼は、次はどんな話題でメディアを驚かせるのか。

「バックストリート・ボーイズ」のニック・カーターを兄に持ち、本人も「ショービズ界での地位は安泰」と言われていたアーロン・カーター。しかし最近は異常に痩せ、重病説やドラッグ依存説がたびたび浮上。本人もこれには非常にショックを受けたといい、何度もTwitterで釈明し「体を大きくしたい」と明かしていた。

そんなアーロンはバイセクシュアルだと告白したばかりだが、恋人ともセクシュアリティが原因で破局してしまったとのこと。彼はこのほどラジオ番組に出演し、こう語った。

「将来が、すごく楽しみなんだ。相手が女性だろうが男性だろうがね。」
「正直に言うよ。(カミングアウトについては)何年も考えていて、告白しなきゃと思っていた。大事なことだからさ。僕も12月7日には30歳になる。人生の新たな章をスタートさせる―その過程の一環として告白したんだ。」

また破局したての恋人については「理解してくれなかったし、理解したいとも思っていなかった」とバッサリ。それが理由で破局することになったそうだ。

ちなみにアーロンは12歳にして「僕はバイセクシュアルだ」と確信し、17歳になって男性と“ある経験”をするまで誰にも言えずにいたという。

「これから女性を選ぶのか男性を選ぶのか。それは僕の決めることさ。」

そのように明かしたアーロンは「これからもずっとバイセクシュアルだ」とも語っている。かなり過激なスキャンダルが続く彼だが、非常に声は良く、元アイドルだけあって大変ハンサムでもある。次はぜひ本業の歌を大ヒットさせ、メディアを騒がせてほしいものだ。

(TechinsightJapan編集部ケイ小原)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.