くらし情報『渡辺美優紀、憧れの加護亜依と会食「目が覚めて夢だったらどうしよう」』

2017年8月16日 10:25

渡辺美優紀、憧れの加護亜依と会食「目が覚めて夢だったらどうしよう」

加護亜依と渡辺美優紀(画像は『渡辺美優紀2017年8月15日付オフィシャルブログ「私の青春」』のスクリーンショット)


NMB48渡辺美優紀が元モーニング娘。加護亜依と食事を楽しんだ。8月15日に『渡辺美優紀オフィシャルブログ』で仲良く並ぶ姿を公開して「私の青春です」といかに加護亜依の大ファンであるかを綴っている。

子どもの頃から「夢の中で加護ちゃんがお姉ちゃんだったり、いとこのお姉ちゃんだったり、、いつも夢から覚めてがっかりしてたんです」という渡辺美優紀。2000年3月に加護亜依が13歳でモーニング娘。に加入した頃、彼女は6歳で「私がアイドルを好きになったきっかけです」というほど憧れだった。

渡辺美優紀のプロフィールによると、「小学校低学年の頃からモーニング娘。に憧れて」小5からダンススクールに通い始め中学時代はさらに打ち込んだという。ダンスつながりか「好きなアーティストは、安室奈美恵」とあるものの加護亜依の大ファンだとはあまり知られていない。

2人は同じ奈良県出身ということもあり、彼女にとって「推し変なんて考えられないくらい、昔も今も大好きなひと」というほど特別な存在なのだ。渡辺美優紀ソロデビューシングル『やさしくするよりキスをして』(2014年12月24日)のCDジャケットを手掛けたアートディレクターの秋山具義氏はそれを知っていたのだろう、彼のはからいで今回の会食が実現したようである。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.