くらし情報『ケイティ・ペリー “ポッチャリ少女”時代のお宝写真を公開』

2017年9月11日 11:10

ケイティ・ペリー “ポッチャリ少女”時代のお宝写真を公開

歌手に憧れた13歳の頃(画像は『KATY PERRY2017年9月9日付Instagram「13 year old me. Wannabe popstar.」』のスクリーンショット)


「ポップ界のスーパースター」ケイティ・ペリー(32)が、少しフックラしていた13歳の頃の写真をインスタグラムにアップした。彼女の両親は牧師であり、ケイティも子供の頃はゴスペルを歌ってきたが、2001年に『Katy Hudson』なるクリスチャンロックなどを収録したアルバムを発表。しかしこれに対する評価は割れ、その後ケイティは女性とのキスをテーマにした“敬虔な牧師の娘”らしからぬ楽曲を発表し大ブレイクした。そんな娘がポップスターになることを、彼女を産んだ母親は「妊娠中から知っていた」という。

牧師を両親に持つ歌手ケイティ・ペリーは、両親の仕事ゆえに移動が多く各地を転々とする生活を長い間続けていたのだそう。普通とはかけ離れた暮らしを強いられたうえに経済的にも苦しく、市場では流通不可の食品を困窮者らに配る団体が「教会信者用にどうぞ」と提供してくれる食べ物を手に入れては、空腹をしのいだという。

「自分には子供時代ってものはなかったわ。」

「なぜ?」「どうして?」との疑問を持つことすら禁じられていたというケイティだが、彼女を育てた母親はお腹にケイティがいた時から「この子はいずれ音楽の道を進むのだろう」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.