ジャレッド・レトの壮絶な役作り 体型激変に続き、盲人状態でカメラテストに

2017年9月13日 11:32
 

関連リンク

・ジェナ・ディーワン・テイタム、新作映画『ベルリン・アイ・ラブ・ユー』に出演へ
・『ブレードランナー 2049』、マーベルの世界から影響を受ける
・『ブレードランナー 2049』ジャレッド・レト、共演者ハリソン・フォードは「畏れ多くて口もきけず」
監督も「カメラテストに来た彼に涙した」(画像は『Blade Runner 20492017年8月27日付Facebook「Witness Jared Leto perform at the MTV #VMAs and don’t miss the two new #BladeRunner2049 spots in-show.」』のスクリーンショット)


役作りのためならどんな努力も惜しまず、過去には激太りや人相まで変わって見えるほどの激ヤセも経験したジャレッド・レト(45)。激太りに挑戦した時には痛風を患い、激ヤセした後は「歩き方も、座り方も、それに物の考え方も変わってしまったよ」と明かすほど凄まじいボディ改造だったというが、今度は盲目のキャラクターを演じるべくある方法にチャレンジしていた。

前作に続きハリソン・フォード、また新たなるメインキャストに加わったライアン・ゴズリングらが繰り広げる話題の映画『ブレードランナー 2049』に、人気歌手でバンド活動でも知られるジャレッド・レトが出演している。この中で「Niander Wallace」という名の重要なキャラクターを演じたジャレッドは、カメラテストを前に特別なコンタクトレンズを用意。「装着すると全く目が見えない状態になる」というそのレンズをはめたジャレッドは、カメラテストを行う場にアシスタントの手を借りてやってきたという。その時の様子を監督はこう振り返っている。

「そう、ゆっくりと部屋に入ってきた彼は、まるでイエス・キリストのようだった。その場にいた人間がみなシーンとなって、神聖な瞬間が訪れたような雰囲気になってね。全員が畏敬の念を抱いていたんだ。美しく、パワフルな瞬間だった。僕はあの姿に、思わず涙してしまったよ。」

監督はジャレッドについて「相当役にのめり込む役者らしい」と聞いていたというが、想像を超える彼の熱意には驚きのみならず感動すら覚えたようだ。

また同作品に力を入れたのは他の役者達も同じで、ハリソンはライアンともみあうシーンでつい本気になり、ライアンの顔面を力任せに殴ってしまったとのこと。その後、慌てたスタッフが氷を持ってライアンのもとに駆け寄ったというが、ハリソンもやって来てライアンを押しのけるなり、拳を氷の中に。思いきり殴ってしまったために、ハリソンも拳をいためてしまったのだ。

どのキャストも与えられた役になりきり、素晴らしい演技をしたとされる同作品。またセットのスケールにはライアンも度肝を抜かれたというから、大迫力のリアルな映像を楽しめるに違いない。前作の怪しくも悲しい魅力溢れるストーリーに多くのSF映画ファンが完全にノックアウトされたが、続編となる『ブレードランナー 2049』にもかなり期待できそうだ。画像は『Blade Runner 20492017年8月27日付Facebook「Witness Jared Leto perform at the MTV #VMAs and don’t miss the two new #BladeRunner2049 spots in-show.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部ケイ小原)

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.