くらし情報『オリビア・ニュートン=ジョン 乳がん再発も「最初の闘病ほどの恐怖はない」』

2017年9月19日 18:58

オリビア・ニュートン=ジョン 乳がん再発も「最初の闘病ほどの恐怖はない」

オリビア「子育ても終わって恐怖心は減った」(画像は『Olivia Newton-John 2015年12月5日付Facebook「Listen to my gorgeous daughter Chloe Lattanzi as she talks about our dance hit, “You Have To Believe.”」』のスクリーンショット)


現在68歳の歌手オリビア・ニュートン=ジョンは、今から25年前に乳がんを患い化学療法、部分的乳房切除、さらに再建手術を受けていた。その経験を経て「人の気持ちを思いやれるようになった」「あの闘病経験に感謝している」と語り話題になったが、その後「背部痛が治らない」と病院に行ったところ乳がん再発と骨への転移が発覚した。今回は化学療法を受け医療大麻などで痛みをコントロールしているというオリビアが、最初の闘病生活と今回の新たな闘病について、大きな違いを感じていると語った。

がんの再発と骨への転移による激痛で、しばらくは歩行も不可能な状態だったというオリビア・ニュートン=ジョン。彼女がこのほど『TODAY』のインタビューに応じ、しっかりとした口調で心境をこのように明かした。

「私は素晴らしい人生を過ごしたわ。そう、だから今回は前回ほど怖い思いはしていないの。当時(最初のがん闘病時)は、まだ子どもが小さかったし。」

その頃オリビアの愛娘は10歳にもなっておらず、「私に何かあればこの子はどうなるのか」という思いが恐怖心を増大させたという。

「そう、それが何より怖かった。娘はまだ幼かったから、私が育てあげないとって気持ちがあったのよ。」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.