くらし情報『『ドーソンズ・クリーク』主演俳優「僕もセクハラを受けた」と告白』

2017年10月15日 20:21

『ドーソンズ・クリーク』主演俳優「僕もセクハラを受けた」と告白

ジェームズ・ヴァン・ダー・ビークもセクハラ被害者だった


ドラマ『ドーソンズ・クリーク』で主人公を演じ、日本でも人気を博したアメリカ人俳優ジェームズ・ヴァン・ダー・ビーク(40)。そのジェームズがハリウッドを激震させている大物が起こしたセクハラ事件に絡め、男性である彼本人もセクハラ被害を受けたことがあると明かした。

「ハーヴェイ・ワインスタインにより悪質なセクハラ行為を受けたことがある」と多くの女優達が名乗り出る中、ジェームズ・ヴァン・ダー・ビークがTwitterを更新。「被害を告白した人達を称えたい」としたうえで、このように自身の経験を綴った。

「僕は、年上で権力のある男性達にお尻を掴まれたことがある。今よりずっと若い頃、不適切で性的な話をされたこともね。」
「だから僕には分かるんだ。不当な扱いを受けたのに恥ずかしく感じてしまうこと、権力がなく人に(被害について)話すこともできないという人の気持ちがね。」

しかしジェームズにセクハラ行為をした男達に、ワインスタインは含まれていなかったようだ。

「これら行為は、皆さんの99.9パーセントは知らない人達によるものだった。うち2人は告発されて罰を受け、もうひとりはすでに他界したよ。」

ちなみに過去にはコリー・フェルドマンが故コリー・ハイムについて言及、「ハリウッドの大物が子役をしていた彼にセクハラ行為をしていた」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.