くらし情報『又吉直樹 選挙番組で“小池語録”を紹介「言葉の持つ力の大きさ感じた」』

2017年10月23日 13:54

又吉直樹 選挙番組で“小池語録”を紹介「言葉の持つ力の大きさ感じた」

小池代表について「ふと漏らした言葉がひとり歩きして失速につながった」と又吉


『第48回衆議院議員総選挙』の投開票が行われた10月22日、選挙特番『ZERO×選挙2017』(日本テレビ系)でキャスターの又吉直樹(ピース)が希望の党・小池百合子代表による発言を紹介した。コーナーの進行を務めた櫻井翔も興味深い内容に耳を傾けうなずいていた。

今回の衆院選前後に小池代表が発言したなかから、又吉が独断でピックアップした『“作家”又吉が気になった「小池語録」』には次のようなものがあった。

「ユリノミクス」「三都物語」「細腕繁盛記」「鳥の目・虫の目・魚の目」「排除します」「アベトモ解散」「AIからBI」「新党が浸透」「考えられないことを考える」「アウフヘーベン」というものだ。

なかでも特に又吉が気になったワードを取り上げて「“ユリノミクス”はアベノミクスに対する造語」というようにコメントしていく。「鳥の目・虫の目・魚の目」については「早口言葉かと思いました」と櫻井を笑わせる又吉。自身で調べてみたところ「“鳥の目”は広い視野、“虫の目”は狭く深く、“魚の目”はものごとの流れを見る」という意味で、ビジネス界では成功するための教えだという。

「新党が浸透」には櫻井翔が「何か隠れた意味があるのでは?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.