くらし情報『母・岡江久美子は「私よりも仕事を選んでいる」と思っていた大和田美帆』

2017年11月9日 18:27

母・岡江久美子は「私よりも仕事を選んでいる」と思っていた大和田美帆

親になって母の気持ちが痛いほど分かったという大和田美帆(画像は『大和田美帆2017年11月6日付オフィシャルブログ「アマデウスを振り返る~母として」』のスクリーンショット)


舞台『アマデウス』で約3年ぶりに舞台復帰を果たした女優の大和田美帆。母親になって初めての舞台であり、東京だけでなく大阪、福岡と地方公演もあった。10月25日に全39公演を終えた今、改めて実母である岡江久美子が朝の帯番組の司会をしながらどんな思いで自分を育てていたのか理解できるようになったという。

6日の『大和田美帆オフィシャルブログ』によると、8月から舞台稽古が始まると昼間から深夜まで自宅を空けることとなり、2歳の娘は保育園や親族に預けることとなった。これまで母子べったりの生活だったので大和田も娘のことが心配だったが、思ったよりも早く母親と離れる生活に慣れてくれたので安心したという。

それでも我が子が毎日どれほどの我慢をしたり、頑張ってくれたのかは痛いほど伝わった。だからこそ娘の存在が「私の仕事への姿勢をまた何倍も真摯にまっすぐにしてくれた」と綴っている。「せっかくの機会だもの。大切な機会だもの。精一杯、私なりに全力でやってやる!」という気持ちは舞台が終わるまで、途切れることは無かった。

人気女優からタレント業にも進出した岡江久美子が『はなまるマーケット』の司会として平日の朝の顔になったのは、大和田が13歳の時だった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.