くらし情報『チャーリー・シーン 80年代に13歳アイドル俳優へ“性的暴行”か』

2017年11月10日 19:50

チャーリー・シーン 80年代に13歳アイドル俳優へ“性的暴行”か

チャーリー・シーン、今は亡き元子役に性的暴行?


80年代に大変な人気を博したものの、その後人気が低迷。2010年に肺炎のため急死したコリー・ハイム(享年38)について、親しくしていた友人が「13歳の頃に俳優チャーリー・シーンから“性的暴行”を受けた」とメディアに証言した。これを受けハイムの母がTV番組にてインタビューに応じ、そのような事実はなかったはずだと語っている。

先日、コリー・ハイムと親しい付き合いがあったという俳優ドミニク・ブラシャイアが『National Enquirer』のインタビューに応じ、1986年の映画『ルーカスの初恋メモリー』でハイムと共演したチャーリー・シーンが「ハイムに性的暴行を加えた」と告白。その手口などをこのように語った。

「(13歳だった)ハイムに、こう言われたんだ。一緒にマリファナを吸ってセックスしたってね。」

肛門性交にまで及んだというのだが、これを受けチャーリーの代理人は完全に否定。またハイムの母は『The Dr. Oz Show』に登場し、こう話している。

「みんなが何を言っているのかは知っています。でも…あの子の母としてこう言い切れるわ。あの子の性格はちっとも変わらなかった。何かが起きたのなら、私にも分かったでしょうね。」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.