くらし情報『和田正人 『陸王』見て号泣する甥に「泣きたいのは俺」』

2017年11月14日 11:00

和田正人 『陸王』見て号泣する甥に「泣きたいのは俺」

竹内涼真演じる茂木にあっさり抜かれてしまった和田正人(画像は『和田正人2017年10月29日付Instagram「前列2人と、後列のおばちゃん達のテンションのギャップよ。」』のスクリーンショット)


現在放送中の日曜劇場『陸王』(TBS系)でダイワ食品陸上部のベテランランナー・平瀬孝夫を演じている和田正人。かつて陸上部主将を務めた彼にとって“ハマリ役”とも言えるが、12日に放送された第4話のあるシーンで甥が号泣するというハプニングがあったそうだ。

老舗の足袋業者が再建をかけランニングシューズを開発、苦境を乗り越えながら有名スポーツメーカーと競争していくという“企業再生”を描いた『陸王』。第4話ではそのランニングシューズ“陸王”の改良版を作成、大手シューズメーカーから契約解除された茂木裕人竹内涼真)がその靴を履いて部内トライアルレースに出場、躍動するという重要な場面が放送された。

そんな中、茂木と同様にレースに参加していた平瀬孝夫和田正人)は、レース終盤であっさり茂木に抜かれる事態に。それほど“陸王”を履いた茂木の走りが素晴らしかったということなのだが、これにドラマを視聴していた和田の甥が負けてしまった叔父の姿に大号泣してしまったのだという。

放送後に更新されたInstagramで甥の姿を投稿し、「泣きたいのは俺が演じる平瀬の方さ。。。」と心境を吐露している。そのあまりにも激しい号泣ぶりに、「なんておじさん思いなんでしょう」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.