くらし情報『大渕愛子弁護士、小柄な長男への“成長ホルモン療法”を検討』

2017年11月16日 13:03

大渕愛子弁護士、小柄な長男への“成長ホルモン療法”を検討

長男の成長について悩みを吐露した大渕氏(画像は『大渕愛子2017年11月15日付オフィシャルブログ「いまどのくらいですか?…え?」』のスクリーンショット)


現在タレント活動を自粛中の大渕愛子弁護士が、長男(2歳)の「成長ホルモン療法」を検討していることをブログで明かした。生まれた時から現在まで年齢別・成長曲線の下のラインであることに悩み、検診のほか専門医にも相談していたようだ。

10月25日の『大渕愛子オフィシャルブログ』では、10か月検診を終えた次男の身長が73.9cm、体重が9.145kgだったことを報告。一方で先月に幼稚園で計測した長男は身長81.5cm、体重10.5kgだったといい「(次男に)すぐ追いつかれそうです」と綴っている。次男は成長曲線の真ん中あたりの数値だという。長男の成長を心配する大渕氏に、医師からは「身長体重のバランスがOKなので問題ない」とアドバイスがあったようだ。それでも心が晴れない大渕氏は定期的に医師に相談し、「今後必要になれば、治療や改善に取り組みたいと思っています」と明かしていた。

そして11月15日のブログには「3歳になってから成長ホルモン療法をした方がいいかどうかは、また近々診てもらおうと思っています」と具体的な治療名が記されている。“成長ホルモン療法”とは身体の中に不足しているホルモンを補うもので、内服は無効であるため在宅で注射することとなる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.