ジャスティン・ビーバー&セレーナ・ゴメス ホッケー試合会場で堂々キス

2017年11月17日 17:10
 

関連リンク

・赤西仁、現在は「気づいたら365日仕事」、独立して4年の経験を語る
・ナイル・ホーラン、ジャスティン・ビーバーとコラボ?
・セレーナと完全復縁?ジャスティンの母・パティは「特別な絆がある」
セレーナとジャスティン、今回はいつまで続くか…


何度もジャスティン・ビーバーに裏切られつつ、彼がフリーになるたびにその腕の中に戻っていくセレーナ・ゴメス。そんな彼女を家族や友人も非常に心配していたが、セレーナは今年に入りザ・ウィークエンドと交際するように。しかしその愛も徐々に冷め、ついには彼の方から別れを切りだし関係は破綻した。その前から「やり直そう」「会いたい」とセレーナに猛アタックしていたジャスティンのもとにセレーナは再び戻り、今はすっかり「元サヤ」状態のようだ。

ザ・ウィークエンドとセレーナ・ゴメスが関係を終わらせる前からセレーナに再び猛アタックを開始し、2人の破局と同時にセレーナとデートするようになったジャスティン・ビーバー。彼が毎週行っているホッケーの試合会場にこのたびセレーナが応援に行き、ジャスティンに「頑張って!」と声援を送ったという。

そして試合の途中にもうけられた休憩時間になると、セレーナは席を離れ大急ぎでフェンスに直行。リンクに落ちそうなほど身を乗り出し、ジャスティンの唇にキスする姿を撮られている。

またしてもジャスティン以上に「恋に溺れた状態」に見えるセレーナだが、しばらくは本気で 関係を絶つと決めていたもよう。今年は難病ループスの悪化で腎臓機能が著しく低下し、「生きるか死ぬか」という病状になり腎臓移植手術を受けたセレーナだが、ジャスティンがそのことを知ったのはマスコミ報道を通じてだったと言われている。その後熱心に通っている教会の牧師より「セレーナとやり直してはどうか」「少なくとも友人関係には戻るべし」と勧められ、それに従う形でセレーナに連絡を入れたそうだ。

その後、ジャスティンはひたすらセレーナに謝罪。「生活態度もかなり改めた」という情報筋の証言もあるほどで、今度こそセレーナを失わぬよう努力しているようだ。一方セレーナをふった形になったザ・ウィークエンドはジャスティンを夢中にさせたモデルとの外出を撮られたほか、今度は元恋人ベラ・ハディッドが暮らすマンションから出てくる姿も撮られている。

相性は良かったとされるセレーナとザ・ウィークエンドだが、全てを納得した上での“円満破局”ではなかった可能性もありそうだ。「奴の音楽はクソだ」とジャスティンに言われようが反撃せず耐えたザ・ウィークエンドだが、結局は彼のもとに戻ったセレーナにも少なからず苛立ったのかもしれない。(TechinsightJapan編集部ケイ小原)

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.