くらし情報『過激な埼玉ディスり漫画『翔んで埼玉』と不動産ショップが、禁断のコラボ 』

2017年11月17日 19:01

過激な埼玉ディスり漫画『翔んで埼玉』と不動産ショップが、禁断のコラボ 

『翔んで埼玉』と不動産ショップがコラボ


ギャグ漫画『パタリロ!』の作者である魔夜峰央氏が描いた『翔んで埼玉』という作品がある。これは埼玉県民ならば胸をえぐられるようなセリフ続出の「埼玉ディスり漫画」なのだが、この漫画と埼玉地区のERA LIXIL不動産ショップが“禁断のコラボ”を、埼玉県民の日である11月14日から展開中だ。特設サイトの開設や来店者にオリジナル缶バッジを先着でプレゼントするなどファンにとっては嬉しい内容だが、埼玉県内のショップでこの漫画をフィーチャーするとはなかなかチャレンジングだ。

特設サイト(https://goo.gl/RTJw3h)にアクセスすると、まず「ご存知ない方も多いと思いますが東京都のとなりに埼玉県という所があります。」という痛烈な文章が表示される。漫画『翔んで埼玉』(作:魔夜峰央)とコラボしているため、そのあとも次々と埼玉を罵倒する言葉が並べられていくのだ。同作は、「この埼玉disマンガがひどい!ひどすぎる!!」とテレビやネット上でも世間を震撼させた問題作。他にも「埼玉から東京に行くには通行手形がいる」「一生に一度は三越に行くのが埼玉県民の夢」などのあり得ないセリフばかり。埼玉県民が気を失いそうな同作だが、2015年12月末に宝島社から単行本として復刊したところ、約3か月で累計55万部に達する勢いを見せた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.