くらし情報『東野幸治 “ルミネ”仲間の『ボクらの時代』を見て「板尾さんにバチが当たって良かった」』

2017年11月24日 16:20

東野幸治 “ルミネ”仲間の『ボクらの時代』を見て「板尾さんにバチが当たって良かった」

映画『火花』でメガホンをとる板尾創路(画像は『映画『火花』2017年11月15日付Twitter「神保町花月で撮影された「スパークス」解散ライブ。」』のスクリーンショット)


11月19日放送のフジテレビ系トークドキュメンタリー『ボクらの時代』は「今田耕司板尾創路木村祐一」をゲストに迎えた。3人と同じく大阪から東京に進出し、“ルミネtheよしもと新喜劇”で若手座長として活躍した東野幸治がそれを見て「ほんこんさん!」と呼びかけた。

ほんこんと板尾創路は漫才コンビ130Rを組んでおり、東野幸治今田耕司はコンビで仕事することが多く正式ではないが「Wコウジ」と呼ばれる間柄だ。それで『Higashinodesu(Higashinodesu)ツイッター』にて「ほんこんさん!ボクらの時代に板尾さんと今田さんと木村祐一が出演してました!我々は呼ばれなかったですね!」とボヤいたのである。

さらに「板尾監督の映画『火花』の番宣だと思いますが、悔しいです!でも結果、板尾さんにバチが当たって良かったですね」とつぶやき、フォロワーから「大笑いしてもたこのあたりの東野さん好きです~」「そういうとこ、愛感じます笑」とウケていた。

なかには「ワイドナショーに板尾さん呼んで下さい!不倫の件の専門家としてお願いします!」「ワイドナショー期待してます。専門家としてほんこんさんヨロシクです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.