くらし情報『剛力彩芽が涙ぐむ “大統領暗殺未遂事件”で生き残った北朝鮮兵士の顛末』

剛力彩芽が涙ぐむ “大統領暗殺未遂事件”で生き残った北朝鮮兵士の顛末

2017年11月24日 23:00
 

私服姿の剛力彩芽(画像は『剛力彩芽2017年11月17日付Instagram「またまた私服ちゃん…」』のスクリーンショット)


ビートたけしがストーリーテラー(ナビゲーター)となり剛力彩芽バナナマンがレギュラーを務めるドキュメンタリー系バラエティ番組『奇跡体験!アンビリバボー』(フジテレビ系)で11月23日、“大統領暗殺未遂事件!生き残った兵士の衝撃人生”をオンエアした。その事件が起きた1968年にはバナナマン設楽統日村勇紀)や剛力も生まれておらず「全く知らなかった」と北朝鮮の実態に驚く。

事件から後の顛末はつぎのような概要となる。約50年前の冬、北朝鮮のゲリラ兵たちが韓国に潜入して任務を遂行しようとするもパトロールをしていた警察に怪しまれ発砲、駆け付けた米軍と銃撃戦となった。多数の犠牲者を出し、ゲリラ兵のほとんどが死亡するなか唯一山に逃げ込んだ兵士キム・シンジョ(当時26歳)がやがて投降する。彼は多くの報道陣を前に行われた会見で「パク・チョンヒ大統領を暗殺することが目的だった」との趣旨を語った。

当時は北朝鮮の指導者がキム・イルソン(キム・ジョンウンの祖父)で韓国の大統領がパク・チョンヒ(今年罷免されたパク・クネの父親)だった。彼はなぜ自分の立場が不利になるような“大統領暗殺計画”を明かしたのか、警察での取り調べでは口を閉ざすばかりだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.