くらし情報『“ホークス優勝パレード2017”で選手たち大ウケ 原口あきまさ、まさかのアピール』

2017年11月26日 16:30

“ホークス優勝パレード2017”で選手たち大ウケ 原口あきまさ、まさかのアピール

東浜投手、千賀投手、甲斐捕手(画像は『原口あきまさ2017年11月26日付Instagram「ホークス優勝パレード!」』のスクリーンショット)


11月26日、福岡ソフトバンクホークスの優勝祝賀パレードが福岡市の明治通りを中心に行われた。パ・リーグ優勝に加え日本シリーズで激戦を制して2年ぶりに日本一となっただけに多くの人で賑わった。一昨年の優勝パレードでは約35万人が集まったが、今回は同程度かそれ以上と思われる。

オープンカー5台とオープンバス2台に孫正義オーナーや王貞治会長、工藤公康監督と選手たちが乗って、11時から約30分かけて移動しながら沿道で声援を送るファンたちに手を振って応えた。その様子を福岡エリアのテレビ各局が中継、それぞれに工藤監督や選手たちからカメラ目線をもらおうと工夫を凝らす。

FBS『めんたいワイドSP 日本一の祝祭!ホークスパレード』では、お笑いタレントの原口あきまさが山のような人だかりのなか“モノマネ選んで!”と「(1)明石家さんま」「(2)江頭2:50」「(3)高田純次」「(4)久本雅美」「(5)志村けん」「(6)出川哲朗」「(7)その他」のパネルを掲げてアピールした。

彼がさんまの出っ歯をつけてモノマネしながら呼びかけるので、選手たちも気づいて笑っていた。工藤公康監督は人差し指を立てたが「ワンダホー」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.