くらし情報『ジャスティン・ビーバーのコンサートも標的か テロ画策の17歳少年が有罪に』

2017年11月29日 11:00

ジャスティン・ビーバーのコンサートも標的か テロ画策の17歳少年が有罪に

ジャスティン、コンサート会場が狙われていた可能性も(画像は『Justin Bieber2017年8月3日付Instagram』のスクリーンショット)


イスラム国」にインスパイアされ「テロ攻撃をウェールズにて起こす計画を立てていた」として、このほど17歳の少年に対し陪審員らは有罪との判断を下した。

年齢ゆえに氏名は明かされていないものの、このほど英サウスウェールズ出身の17歳少年が「カーディフにてテロ攻撃を計画していた」として有罪と判断された。少年が逮捕されたのは、6月30日。ジャスティン・ビーバーが現地スタジアムでのショーを開催した日で、少年は逮捕時に殉教を示唆する手紙、刃物、ハンマーを所持していたといい、5件ものテロ関連の罪で有罪とされたという。手紙には彼が「イスラム国」の兵士であること、また「さらなる攻撃があるだろう」といった文章も綴られていた。

この少年は英国人(白人)でインスタグラムのアカウントを開設しており、ジハードやアルカイダ(テロ組織)のサポートを呼びかけていたそうだ。警察の調べでアカウントのパスワードは「truck attack(トラックアタック)」だったことも判明している。またインターネットを利用し「いかに乗り物でテロ攻撃をしかけるか」「どうすれば人を刺殺できるか」などを調べていたほか、「イスラム国」による残忍極まりない斬首ビデオなどを検索していたという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.