くらし情報『ジェニファー・ロペス、48歳で“GUESSガール”に大抜擢』

2017年11月29日 14:09

ジェニファー・ロペス、48歳で“GUESSガール”に大抜擢

ジェニファーが『GUESS』キャンペーンモデルに(画像は『GUESS2017年11月27日付Instagram「Amor Introducing @jlo as the newest #GUESSGirl in the @guess + @marciano Spring ’18 Campaign photographed by @tatianagigi」』のスクリーンショット)


米時間11月27日、ジェニファー・ロペスが48歳という史上最高齢で『GUESS』(ゲス)の2018年春コレクションキャンペーンモデルに起用されることが発表された。

ロサンゼルス発のアパレルブランド『GUESS』は西海岸らしいカジュアルなデザインが人気で、大きなショッピングモールには必ずと言っていいほど入っている有名ブランドだ。広告塔に選ばれたモデルは「GUESS Girl」(ゲス・ガール)と呼ばれ、これまで数々のトップモデルや女優を輩出してきた。

ナオミ・キャンベルクラウディア・シファーといった「元祖スーパーモデル」を筆頭に、このほど『ヴィクトリアズ・シークレット』のエンジェル卒業を表明したアレッサンドラ・アンブロジオ、そしてジジ・ハディッドなどそうそうたるモデル達が名を連ねている。現在2017秋/ホリデーコレクションの広告塔を務めているのは、元フィフス・ハーモニーのメンバーで現在はソロで活躍しているカミラ・カベロ(20)だ。ジェニファー・ロペスが48歳にしてここに仲間入りを果たすとは、まさに快挙と言えるだろう。

『GUESS』の共同創設者であるポール・マルシアーノ氏は、ジェニファーを起用した理由をこのように語っている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.