くらし情報『井上陽水「トークで身ぐるみはがされた」 華丸・大吉とロケで『少年時代』の裏話まで暴露』

2017年12月2日 13:00

井上陽水「トークで身ぐるみはがされた」 華丸・大吉とロケで『少年時代』の裏話まで暴露

井上陽水に疑問をぶつけた華丸・大吉


井上陽水が11月28日、TNCテレビ西日本で放送された特番『華丸・大吉27周年記念 祝うて三度SP』にゲスト出演した。福岡の屋台で酒を酌み交わしながら様々な裏話を明かした井上陽水。番組HPによるとロケを終えて「今日は面白かった。やっぱり2人は大したもんです。トークで全部、身ぐるみはがされた感じかな」とコメントしている。

チューリップや甲斐バンド海援隊長渕剛なども歌っていた福岡のライブ喫茶・照和。博多大吉が「“照和伝説”に陽水さんも入っていて、その前のビルの喫茶店のマスターがタモリさんだった」と話したところ、井上陽水は「実は“照和”のことはよく知らない」し伝説も「ガセ」だという。他にも「百道浜の海岸で井上陽水がギターを持って1人で歌っていた」といった伝説を聞くが「そういうことはないわけよ」と否定した。

彼が歌手になるきっかけは、大学受験で浪人し博多でアパート暮らしをしていた時に、RKBラジオで当時人気だった番組『スマッシュ!!11』がアマチュアに曲を募集していたので、歌を録音したカセットテープを送ったことによる。当時は持っている者が少なかったカセットデッキを親に「英語を上達するのに必要だ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.