くらし情報『前田敦子“今のありのまま”を見せる 密着ロケでぺえ「自分を曲げない女」』

前田敦子“今のありのまま”を見せる 密着ロケでぺえ「自分を曲げない女」

2017年12月6日 18:10
 

「来年は特にフルエンジンで生きたい」と前田敦子


気になる女性に密着して人生観を映し出すドキュメンタリー番組『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ系)が、12月5日の放送で前田敦子を取り上げた。約3か月に及ぶ密着ロケで、彼女が出演する月9ドラマ『民衆の敵』や京都で撮影中の映画『のみとり侍』 (2018年公開)の現場から欅坂46のコンサートを楽しむところなど様々な姿を捉えている。

AKB48として芸能界に入り、女優となった今でも「仕事が一番好き」でその環境が一番落ち着くという前田敦子。たとえば『民衆の敵』では楽しいシーンを撮影するので「普段通りでいたい」と本番前からキャストやスタッフとおしゃべりして和んでいた。一方、『のみとり侍』では緊迫した場面を演じるため笑顔が消え、監督から「緊張感のあるいい演技だった」と言われるように役作りの集中力がすごい。

休日は家に閉じこもるわけではないが、トレーニングをしてバリバリ体を動かすような過ごし方はしない。運動するとすぐ筋肉がつく体質で「あまりキレイな体過ぎては、見ている人も現実離れして感じるのでは」と案じて控えている。何でも女優として仕事に結び付けて考えるのだ。

プライベートでも仲の良い女装タレント・ぺえとの関係も興味深かった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.