くらし情報『高嶋政伸演じる加賀谷専務が“モンスターペアレント”に 密度の濃かった『先僕』最終話』

2017年12月17日 13:50

高嶋政伸演じる加賀谷専務が“モンスターペアレント”に 密度の濃かった『先僕』最終話

専務役の高嶋政伸と秘書役の松本まりか(画像は『松本まりか2017年12月9日付Twitter「お支えする加賀谷専務と。」』のスクリーンショット)


嵐の櫻井翔が校長先生役で主演するドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)が、12月16日の放送で最終回を迎えた。総合商社の営業マンが私立高校の業績を立て直すために出向させられ、当初は生徒や教師を巡る学校の現実に戸惑うものの、やがて生徒たちの人生を手伝うことにやりがいを感じていく。櫻井はそんな主人公・鳴海涼介が校長そして人として成長する姿を好演した。

第9話で加賀谷圭介専務(高嶋政伸)から樫松物産に戻るか、会社を辞めて校長の道を選ぶか決断を迫られた鳴海。さらに樫松物産のOLで恋人の松原聡子多部未華子)と疎遠になり、婚約解消を告げられてしまう。最終話のサブタイトルが「さよなら校長先生!僕が伝えたかった最後の言葉」なので、鳴海校長が京命館高校を去るまでを描くかに思われたが…。

ストーリーは鳴海がどの道を選ぶかと聡子との関係を柱に進みつつ、それとともにこれまでの数か月で変貌を遂げた京命館高校を映し出すこととなった。

たとえば日本史教師で1年担任の市村薫木南晴夏)の女生徒が音楽教師・矢部日菜子から合唱の授業を受けている際に倒れて保健室に運ばれる。クラスメートによると最近体調が悪そうだったという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.