くらし情報『ジャスティン・ビーバー&セレーナ・ゴメス、プライベートジェットで休暇へ』

ジャスティン・ビーバー&セレーナ・ゴメス、プライベートジェットで休暇へ

2017年12月18日 13:25
 

セレーナとジャスティン、ジェット機でデートへ


「もう完全復活はないだろう」と言われながらもヨリを戻したジャスティン・ビーバーセレーナ・ゴメス。ジャスティンの両親は「彼女は善良だ、申し分ない」と喜んでいるが、セレーナ側の親族は「ジャスティンは下劣な男ですよ。私達は決して彼を認めません。話をするだけの間柄だとしても、セレーナの関係者全員にとって失礼きわまりない。セレーナにとっても無礼ですよ」などと述べ、腹を立てているという。そんな中、2人は仲良くプライベートジェットに乗り込み、ロマンチックな旅行に出かけたことが分かった。

米時間16日に、セレーナ・ゴメスジャスティン・ビーバーが揃ってヴァン・ナイズ空港に到着。そこで揃ってプライベートジェット機に乗り、旅に出た。

2人の最終目的地は不明だが、ワシントン州シアトルにて2人を目撃したというファンが多く、うちひとりはセレーナが人気のスイーツショップに入店する様子を撮影しSNSにアップ。2人が仲良く座っている様子を撮影しビデオを公開したファンもいる。また芸能情報サイト『TMZ』では、「2人手をつないでデートを存分に楽しんだ」「飲み物も手にしたが、アルコールではなかった」と伝えている。

くっついたり離れたりを繰り返してきたセレーナとジャスティンだが、今は完全に復縁したとみて間違いない。ちなみに今回の関係修復を迫ったのはジャスティン側で、「セレーナが腎臓の機能を損ない腎移植を受けた」と耳にしたことで彼女への愛情を再認識したもよう。一方でセレーナと10か月交際した歌手ザ・ウィークエンドは、徐々に愛が冷めていきセレーナに別れを告げたが、現在は昨年11月に破局したモデルのベラ・ハディッドと元の関係に戻りつつあるという。

今年はザ・ウィークエンドとの恋と破局、ループス悪化による腎機能低下、友人より腎臓を譲り受けての移植手術、ジャスティンとの復活愛などとにかく話題の多かったセレーナ。心身ともにずいぶん辛かったはずだが、最近はずいぶん幸せそうな笑顔も増え健康状態も良いもようだ。
(TechinsightJapan編集部ケイ小原)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.