くらし情報『『タイタニック』ケイト・ウィンスレット「オーディションもなくローズを演じることになった」』

2017年12月22日 15:45

『タイタニック』ケイト・ウィンスレット「オーディションもなくローズを演じることになった」

タイタニックの裏話をケイトが語る(画像は『Titanic2013年1月25日付Facebook「“Promise me you’ll survive. That you won’t give up, no matter what happens, no matter how hopeless. Promise me now, Rose, and never let go of that promise.”」』のスクリーンショット)


1997年の大ヒット映画『タイタニック』でヒロイン“ローズ”を演じた女優ケイト・ウィンスレット(42)が、『The Hollywood Reporter』のポッドキャスト「Awards Chatter」に登場。公開から20年を記念し、映画に関する裏話をいくつか披露している。その中から興味深い発言をご紹介したい。

■オーディションを受けずにヒロイン役をゲット
「突然、ジェームズ・キャメロン監督から電話があったの。ロサンゼルスに来てほしいと言われたわ。」
「こう思ったわ。『ちょっと待って、オーディションはどうなるの?』って。つまり全員でキャスティングディレクターと席について…まずそういう段階を経てからでないと監督には会わないものなの。でも私の場合、そういう段階はすっ飛ばされて(監督とすぐに会うことになったの)。」
「でも(衣装を身に着けて)ちゃんとしたカメラテストは受けたわ。」
そして二度のカメラテストを経て、ケイトはヒロイン役をゲット。今も、なぜ自分が選ばれたのかは「分からない」という。

■キャメロン監督へのお礼の品
「(監督にバラの花を贈り、『私があなたのローズです』というメモを添えたという噂が有名だけど)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.