くらし情報『『民衆の敵』篠原涼子×高橋一生“10分”の議論シーン 最終回に共感の声「政治に興味もってきた」』

2017年12月27日 12:01

『民衆の敵』篠原涼子×高橋一生“10分”の議論シーン 最終回に共感の声「政治に興味もってきた」

主人公・智子役の篠原涼子、オールアップにて(画像は『【公式】民衆の敵2017年12月25日付Twitter「皆さん最後までありがとうございました」』のスクリーンショット)


月9ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系)が12月25日の放送で最終回を迎えた。篠原涼子演じる主人公・佐藤智子が政治に無関心なママから議員報酬目当てで立候補し、あおば市議会新人議員に当選する。すると持ち前の正義感から「おかしいことはおかしい」と市議会の現状を変えるべく議員として自覚に目覚めていく。やがて議会の最大派閥を牛耳る市議会のドン・犬崎和久(古田新太)の陰謀によって新市長となるが、その犬崎のやり方に反発したことで陥れられてリコールの危機が迫る。

智子のママ友で記者の平田和美石田ゆり子)がナレーションで「突拍子もないことをやってしまう」と智子のことを評すように、ドラマならではのスピーディーでドタバタした展開によって「政治は苦手」という人も見やすかったのではないか。ただ、後半には政界のどろどろした部分が描かれシリアスな場面も多く、最終回では智子と副市長を引き受けた藤堂誠高橋一生)が他に誰も居ない議場で議論しあう。そのシーンはおよそ10分にわたり、本作が伝えようとしたことの多くが詰まっていたかのようだ。

ニューポート計画の本当の目的は「産業廃棄物処理場」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.