くらし情報『マイケル・ジャクソンの衝撃死 アーロン・カーターが交流振り返り「本当に辛かった」』

2017年12月30日 05:00

マイケル・ジャクソンの衝撃死 アーロン・カーターが交流振り返り「本当に辛かった」

アーロン「俺はマイケルのようにはならない」(画像は『aaroncarter 2017年11月15日付Instagram「Morning」』のスクリーンショット)


2年前のこと、元アイドル歌手で「バックストリート・ボーイズ」ニック・カーターの弟としても知られるアーロン・カーターは「大事なことを忘れないでほしい。かのマイケル・ジャクソンはこの俺にバトンを渡したんだ」とツイートし、「いったい何様だ」と多くのMJファンを激怒させた。そのアーロンがマイケルの死を回顧し、自身の激ヤセ騒動などを絡め思いを語った。

このほどアーロン・カーターが『Us Weekly』の取材に応じ、体重がどんどん減り始めた頃の恐怖感などをこのように語った。

「ゾッとしたこともある。あれこれ抱え込んでしまって体重が激減してしまった。そして恋愛もうまくいかなくて、ストレスが溜まったんだ。異常なほどやせ衰えて、ついには52キロちょっとになってしまって。」
マイケル・ジャクソンが亡くなった時の体重と同じさ。彼の死は、本当に辛かった。」

マイケルと親しくしていたというアーロンは、こうも続けている。

「俺はマイケルが大好きだった。でも俺は彼のようには死なない。今の俺を見てくれよ。すっかり変わっただろう。数か月のあいだにね。俺にとって健康は大事だった。みんな同じだろうけど、(俺の場合は)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.