くらし情報『千鳥“アメトーーク大賞2017”グランプリ受賞 ノブ感慨「人間万事塞翁が馬よ!」』

2017年12月31日 13:06

千鳥“アメトーーク大賞2017”グランプリ受賞 ノブ感慨「人間万事塞翁が馬よ!」

『THE MANZAI 2017』での千鳥(画像は『千鳥ノブ2017年12月15日付Instagram「いいかお前らコレが漫才のど真ん中だ。」』のスクリーンショット)


12月30日放送のバラエティ番組『アメトーーーーーーーーーーク 年末5時間スペシャル!!』(テレビ朝日系)で“アメトーーク大賞2017”が発表され、漫才コンビ・千鳥が受賞した。お笑い界全般で今年の活躍を最も評価される芸人に贈られるこの賞は、番組スタッフたちが“ガチ”で選考したものだ。

この日出演していた2015年グランプリ受賞の渡部建アンジャッシュ)は「翌年は本当に仕事がものすごく増えた。家にトロフィー飾ってますよ」という。また2016年同受賞の出川哲朗は、売れない頃に共演して体を張ってきた江頭2:50がプレゼンターを務めたことから「プレゼンターがエガちゃんだったので、昔からの関係を知っている人たちはそれがすごく嬉しかったみたい」「自分のことのように嬉しかったですよ」と笑わせた。

千鳥が2017年グランプリに選ばれると、他の芸人たちから「納得だね。これは納得」と声があがるなか、蛍原徹雨上がり決死隊)が賞状の受賞理由を読み上げた。その概要は次のようなものである。

「貴方にとって今年は、まさにクセがスゴイ、大(おお)活躍の一年となりました。5年前に関西のレギュラー番組を辞めて東京に進出するも結果が出ず…ついに『帰ろか…千鳥』という企画をやるほどの低迷ぶり。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.