くらし情報『エリック・クラプトンが衝撃告白 「聴力を失いかけている」』

エリック・クラプトンが衝撃告白 「聴力を失いかけている」

2018年1月13日 11:00
 

エリック「ショーは続けたい」(画像は『Eric Clapton2015年4月1日付Instagram「2015 Tours New York, NY. USA」』のスクリーンショット)


“世界3大ロック・ギタリストのひとり”とも称される、ロック界のレジェンドことエリック・クラプトン。彼も72歳だが年齢のせいなのか、それとも常に大きな音に晒されているせいなのか、現在の彼は聴力を失いかけている状態だという。

このほどエリック・クラプトンが『BBC Radio 2』のインタビューに応じ、聴力を失いつつあると告白した。「しかしステージに立つのを止める気はない」として、こう語った。

「ああ、これからも仕事に行くさ。いくつかのギグをやるつもりだ。」
「ただ唯一心配しているのは、俺の年齢だ。もう70代だからね。」
「それに、聴力を失いかけている状態なんだ。耳鳴りもするし。」

しかし「ファンにはぜひパフォーマンスを観に来てほしい」というエリックは、このように正直な心境を明かしている。

「俺も驚いてるんだ。まだこうやって業界にいるってことにね。」

高齢になったエリックは体調を崩すことも増えたようで、過去には酷い気管支炎を患いやむを得ずショーをキャンセルしたこともある。また長年ギターを抱え演奏してきた負担も相当大きかったらしく、2016年には神経を痛めてしまったことを明かしていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.