くらし情報『山田涼介と波瑠のバランスが絶妙 『もみ消して冬』を支える“ギャップ”』

2018年1月14日 19:59

山田涼介と波瑠のバランスが絶妙 『もみ消して冬』を支える“ギャップ”

『もみ消して冬』で姉・北沢知晶役の波瑠


山田涼介(Hey! Say! JUMP)主演による日本テレビ系土曜ドラマ『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』が1月13日よりスタートした。“痛快「どコメディ」ホームドラマ”を謳う本作だが、セレブな北沢家で東大卒のエリート三兄弟の末っ子で警視庁に勤める主人公・北沢秀作(山田)の境遇を見ると、単純に笑えない。山田涼介が演じる秀作のコメディタッチな“心の声”でさえ、彼の不憫さに思い至ってしまうのだ。

そんななかで、波瑠が演じる敏腕弁護士の姉・北沢知晶のキャラクターが良い味を出している。父親・北沢泰蔵(中村梅雀)や長男で大病院の医師・北沢博文小澤征悦)とともに秀作をぞんざいに扱うのだが、随所に弟に対する愛情とも思える言動が見え隠れする。第1話ではまだはっきりしないが、家族の中で秀作の気持ちを一番分かっているのではないか。

他にも北沢家ではベテラン執事の小岩井凛治浅野和之)と新米執事・楠木松也千葉雄大)に馴染みのクリーニング屋・手毛綱美鎖夫(アンジャッシュ児嶋一哉)、警視庁では犯人を説得する才能に長けた後輩・尾関光希ジャニーズWEST小瀧望)といった助演陣が物語にアクセントをつけていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.