くらし情報『シャロン・ストーン、臨死体験から復活するも「全てを学び直す必要があった」』

2018年1月16日 20:16

シャロン・ストーン、臨死体験から復活するも「全てを学び直す必要があった」

シャロン「ゼロからの再スタートだった」(画像は『Sharon Stone2018年1月16日付Instagram「#MondayMotivation “Be fanatically positive and militantly optimistic. If something is not to your liking, change your liking.” - @ricksteveseurope」』のスクリーンショット)


「私はあの時、死んだの。ええ、そう感じているの。」―40代の頃に脳内出血を起こしたシャロン・ストーン(59)は、2016年に当時をそのように回顧。さらに「光に向け飛び立ったわ」「愛する故人らに迎えられ、その後猛スピードで自分の体内に戻ってきたの」とも語り、“衝撃的な臨死体験談”として関心を集めた。しかし脳内出血によるダメージは大きく、直後に診察をした担当医師団らは「死を回避する可能性は約5パーセント」と判断していたとのこと。その後は健康を取り戻したものの、シャロンは様々な困難を乗り越えねばならなかったという。

「そう、こう感じているわ。私は死んだんだって。」
「光の渦のようなものが私の上にあった。そして私はその壮大な白い光の内部に向けて、飛び立ったの。」
「何人かの友人の姿が見えて、迎えられたわ。私にとって、とても大事な故人達よ。」
「ものすごい速さで旅をしたわ。そして突然戻ってきたのよ、自分の体内にね。」

2001年に脳内出血を起こしたシャロン・ストーンは、このような驚きの“臨死体験”を経て復活を果たした。しかしその苦労は大きかったといい、このほど応じたインタビューでは「全てを学び直す必要があったの」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.