くらし情報『サラ・ジェシカ・パーカー激白 『SATC』“サマンサ”の発言に「傷ついた」』

2018年2月2日 20:14

サラ・ジェシカ・パーカー激白 『SATC』“サマンサ”の発言に「傷ついた」

ドラマでは固い友情で結ばれていたはずの4人だが…(画像は『Sex and the City2016年9月17日付Facebook「The original squad goals.」』のスクリーンショット)


『Sex and the City』で主人公を務めたサラ・ジェシカ・パーカー(52)がこのほど、プライベートでも仲がいいアンディ・コーエンが司会を務める『Watch What Happens Live with Andy Cohen』に出演。確執の噂が絶えないキム・キャトラル(61)との関係について胸中を明かした。

『Sex and the City』でサマンサ・ジョーンズを演じたキム・キャトラルが昨年10月、テレビ番組『Piers Morgan’s Life Stories』のインタビューで「ドラマのなか以外では、あんな友情なんてありもしなかった」と発言しファンらをかなり驚かせていた。

あの爆弾発言から数か月経ったこのほど、『Watch What Happens Live with Andy Cohen』に出演したサラ・ジェシカ・パーカーキムのあの発言をどう受け止めたかを尋ねる場面があった。

「とても傷ついたわ。」

そう答えたサラは険しい表情だ。そして「私は動揺を隠せなかった。だって私は(皆との関係を)そんな風には思っていなかったから」と告白。サラ自身は“仕事”であったとはいえ、長年を共に過ごす中で共演者には特別な思い入れがあったという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.