くらし情報『JKT48を夢見る“美女” インスタ映えで生まれ変わったインドネシアの村に』

JKT48を夢見る“美女” インスタ映えで生まれ変わったインドネシアの村に

2018年2月10日 15:42
 

関連リンク

・バルサ命の小柳ルミ子、J1神戸移籍のイニエスタ追っかけ宣言「練習から見たい」
・アノ人と一緒に…豪華すぎるカラオケを岡崎体育が告白
・奇妙な円盤に記された「古代文明の不可解な崩壊」全貌とは
カンポンペランギ村を訪れたダイスケ(画像は『だいすけ2018年2月5日付Instagram「#インドネシア #カンポンペランギ #虹の村」』のスクリーンショット)


2月5日に放送されたカンテレ・フジテレビ系の新バラエティ番組『世界の村のどエライさん』で、ミュージシャンのダイスケがインドネシアのカンポンペランギ村を訪れた。最近までスラム街だったこの村がある人物のアイデアによって生まれ変わり、観光客が押し寄せる名所となった。その真相を確かめるためだ。

現在、村の中学校で校長先生をしているスラメットさんがその人物「どエライさん」である。彼は若い頃に貧しい家族のために働きながら勉強して先生となった。そんなある日、すぐ近くに国の政策でフラワーセンターが作られ、華やかな施設と自分の村を見比べた彼は貧しい景観を嘆く。

彼が村をカラフルにペインティングしてはどうかと提案したところ、他にも殺風景な景観を悲しんでいた人が多く賛同を得られた。彼は国に交渉してペンキを調達、さらに企業からも援助を受けて家屋や壁などを皆で協力して鮮やかに塗り替えていった。

するとその景観がSNSで拡散され、およそ半年で世界中から観光客が訪れるようになった。お土産が売れるなどの経済効果は村を活性化させ、子どもたちの進学率が上がり、大人たちも手に職をつけようと前向きになる。

ダイスケはまだペイントが進んでいないエリアの作業に参加して自分でデザインした絵を壁に描いてプレゼントした。

そうやって人々と触れ合うなか、女性陣から「村一番の美女よ」とダイアナさん(15歳)を紹介される。ダイスケは彼女の容姿に「15歳の美貌じゃない!」「こんなエキゾチックな中学生見たことない!」と驚きを隠せない。

スタジオでVTRを見ていた山崎育三郎、千鳥らレギュラー陣も魅了されており、彼女が将来の夢は「JKT48に入ること」だと明かすと「すぐ入れる」「センター間違いない」と声が飛んだ。

さらには同行したディレクターが「個人的」にダイアナさんを密着取材して編集した映像を公開、AKB48の『会いたかった』をBGMにインスタ映えするカットが満載で、今回一番の力作かと思われた。

JKT48はジャカルタを中心に活動する海外初となるAKB48の姉妹グループだ。日本にはあまり情報が入らないが、ダイアナさんのような「JKT48に入りたい」と願う女子に会うと現地での人気を実感させられる。

ところでこの『世界の村のどエライさん』は2016年12月26日で放送を終えた『SMAP×SMAP』の後継番組だった『もしかしてズレてる?』が昨年12月25日に幕を下ろし、さらにそれを引き継ぐ形で今年の1月15日よりスタートした。海外を旅する番組は多いことから二番煎じになるのではないかと懸念されたが、世界は広い。どのような「どエライさん」を見つけるか、いかに掘り下げるかで面白い番組となりそうだ。

画像は『だいすけ2018年2月5日付Instagram「#インドネシア #カンポンペランギ #虹の村」「#インドネシア #カンポンペランギ #まるでおとぎ話の街」「#インスタスポット作りました」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部真紀和泉)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.