くらし情報『JKT48を夢見る“美女” インスタ映えで生まれ変わったインドネシアの村に』

JKT48を夢見る“美女” インスタ映えで生まれ変わったインドネシアの村に

2018年2月10日 15:42
 

カンポンペランギ村を訪れたダイスケ(画像は『だいすけ2018年2月5日付Instagram「#インドネシア #カンポンペランギ #虹の村」』のスクリーンショット)


2月5日に放送されたカンテレ・フジテレビ系の新バラエティ番組『世界の村のどエライさん』で、ミュージシャンのダイスケがインドネシアのカンポンペランギ村を訪れた。最近までスラム街だったこの村がある人物のアイデアによって生まれ変わり、観光客が押し寄せる名所となった。その真相を確かめるためだ。

現在、村の中学校で校長先生をしているスラメットさんがその人物「どエライさん」である。彼は若い頃に貧しい家族のために働きながら勉強して先生となった。そんなある日、すぐ近くに国の政策でフラワーセンターが作られ、華やかな施設と自分の村を見比べた彼は貧しい景観を嘆く。

彼が村をカラフルにペインティングしてはどうかと提案したところ、他にも殺風景な景観を悲しんでいた人が多く賛同を得られた。彼は国に交渉してペンキを調達、さらに企業からも援助を受けて家屋や壁などを皆で協力して鮮やかに塗り替えていった。

するとその景観がSNSで拡散され、およそ半年で世界中から観光客が訪れるようになった。お土産が売れるなどの経済効果は村を活性化させ、子どもたちの進学率が上がり、大人たちも手に職をつけようと前向きになる。

ダイスケはまだペイントが進んでいないエリアの作業に参加して自分でデザインした絵を壁に描いてプレゼントした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.