ジャスティン・ビーバー、セレーナ・ゴメスのリハビリ治療中は牧師に救い求める

2018年2月10日 17:11
 

関連リンク

・ケンダル・ジェンナー、心気症を告白 「不安感が酷くどこにも行きたくない。SNSもできない」
・ジョージ・クルーニー、銃規制に向け5000万円以上の寄付
・キム・カーダシアン・ウェスト、夫からもらった株で既に300万円以上の利益
周囲に「ぜひ一緒に教会へ」と誘うことも…(画像は『Justin Bieber2017年9月13日付Instagram』のスクリーンショット)


熱心に通う教会の牧師と非常に親しくしており、以前は女性と交際する際にも「この娘と付き合いたいんだけど、どう思う?」と牧師に相談し、“了解”を得てからデートしていたというジャスティン・ビーバー。彼はスキャンダルにまみれた生活から救われたのも「神だ」と言い、更生のきっかけについて「ある日、ふと神の声が聞こえた気がした」「生き方を変えよう。なんとかしなきゃと思った」と明かしている。そんなジャスティンがセレーナ・ゴメスと再び交際を始めたが、セレーナは「精神面の安定を維持しなくては」とニューヨークへ行きリハビリ治療を開始。そんな時にジャスティンが心の拠りどころにしたのも、やはり教会の牧師だったという。

「今年は何よりも自分を最優先にしていきたい。」

そう決意したセレーナ・ゴメスは、「誰にも邪魔されることなく鬱や不安症状の治療にとりくみたい」とニューヨークへ。現地では2週間に及び治療を受け、ずいぶん元気になって帰ってきたという。

一方でジャスティン・ビーバーはセレーナの決断を受け止めつつ、少々心が乱れてしまったもよう。そこで親しくしている教会の牧師でメンターでもあるカール・レンツ氏のもとを訪れ、アドバイスを求めたと伝えられた。

ちなみにジャスティンの宗教への思いは強くなるばかりで、周囲にも「ぜひ一緒に教会へ」と勧めているもよう。ツアー中には、ショーの前座を務めるアーティスト達をバックステージに集め「聖書の勉強をさせていた」との報道もあった。

「キリストを何よりも優先するんだ。」

そんな風に熱心に説いていたというジャスティンだが、彼に影響を受けたのか、ごく短期間ではあるがジャスティンがデートしていたコートニー・カーダシアン(キム・カーダシアンの姉)、そしてセレーナ・ゴメスもこの教会に通っている。

「イエス様のように生きたいと心から思っている。」

そう明かしていたジャスティンも、かつては高級車で街を爆走する、またパパラッチや隣人に殴りかかろうとするなどし「堕ちたアイドル」と言われていたのだ。それが神への愛に目覚め、今はずいぶん落ち着いた暮らしをしているもよう。「すべてが宗教頼みで大丈夫なのか」「牧師がいなくては決断も下せないのか」という声もあるが、彼の心の拠りどころが神とこの牧師であることは、今後も変わりそうにない。画像は『Justin Bieber2017年9月13日付Instagram』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部ケイ小原)

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.