くらし情報『陣内智則 “ライガー”とご機嫌ツーショットも「あくびでビビる」』

陣内智則 “ライガー”とご機嫌ツーショットも「あくびでビビる」

2018年2月11日 19:24
 

関連リンク

・死の島か宝の島か?米朝会談の開催地「カペラ・ホテル」の秘密
・吉田栄作、カクテルコンペで20杯飲み声枯れる 苦笑いで「飲み過ぎですね」
・ももクロ佐々木彩夏、ブランド発足を発表 ランジェリーも展開で美ボディ披露の可能性に言及
ライガーにびびる陣内智則(画像は『陣内智則2018年2月11日付Twitter「ライオンとトラのハーフ ライガー」』のスクリーンショット)


陣内智則が猛獣の横に座るところを2月11日、『陣内智則(jinnai_tomonori)ツイッター』に投稿して「ライオンとトラのハーフ ライガー」とつぶやいた。1枚目はライガーを撫でながらご機嫌なようだが、2枚目は「可愛い思たらあくびでビビる」図を公開している。

H.I.S.による『月亭八光と行く!100選ツアー「8バス観光 月亭八光流の旅企画」』で1月26日から30日まで「第13弾8バス観光 in バンコク」が行われ、ゲストとして陣内智則、ミサイルマン・西代洋、スマイルが参加した。

そのツアーでゾウに乗ることができるエレファントキャンプの1つである「Chang Puak Camp」に行った際、「ライガー」と記念写真に納まったようだ。

狩野英孝バラエティ番組の企画でアフリカサバンナにてロケを行った際、ライオンの着ぐるみの上からライオンに咬まれるところを1月21日にネットで公開して話題となった。

陣内にもその情報は入っているはずで、飼育されているとはいえ「ライガー」が大口を開けてあくびした時は狩野の姿が頭をよぎったのではないか。

ちなみに「ライガー」は人工飼育下で生まれた父がライオン(Lion)で母がトラ(Tiger)の雑種動物で、「Liger」と記す。例外はあるもののライオンの主な生息地域はアフリカで、トラはインド、タイ、中国などアジアに生息するため野生での交雑は確認されていない。また、父がトラで母がライオンの場合はタイゴン(Tigon)と呼ばれライガーとは逆に、体色などにトラの影響が強く現れ小型化する傾向にあるという。

画像は『陣内智則2018年2月11日付Twitter「ライオンとトラのハーフ ライガー」、2018年1月31日付Twitter「バンコクぽい写真。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部真紀和泉)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.