くらし情報『ジャガー横田、小5息子の反抗期にイラッ! 「私の全てに反抗します」』

ジャガー横田、小5息子の反抗期にイラッ! 「私の全てに反抗します」

2018年2月12日 20:28
 

関連リンク

・麻央さん死去から1年、姉・麻耶が見つけた役割と “若葉マーク” の覚悟
・井口裕香が歌う『オトッペ』“踊りたくなる”新エンディング曲OA
・ロング丈スカートが可愛いすぎる♡この夏おしゃれ見えする旬の着こなし方は?
「作り笑いもここまで来てます(笑)」とジャガー横田(画像は『ジャガー横田2018年2月12日付オフィシャルブログ「もしかして…仲間外れ」』のスクリーンショット)


プロレスラーでタレントのジャガー横田が、ブログで長男・大維志くん(小5)とのツーショットを久々に公開した。2008年9月から“子育ての記録”として始めたブログだったが、最近は母子のツーショットどころか写真を撮られること自体を嫌がるようになった大維志くん。ジャガーと意見が衝突することが多くなるなど、難しい年頃に差し掛かっているようだ。

2017年の『ジャガー横田ブログ「ジャガジャガジャーン!おもちゃ箱」』には半年以上大維志くんの姿がなく、11月に「だましだまし撮った」という彼のパジャマ姿の写真が投稿された。大維志くんの成長を楽しみにしている古くからのファンのために、ブログ用の写真を撮らせて欲しい―と頼んでも断られることが多くなってきたのだ。

2月12日のブログには、外食先で「たまにはママと写真撮ってあげれば…」と医師で父親の木下博勝氏に促され、渋々ジャガー横田に並ぶ大維志くんとのツーショットが公開されている。木下氏とのツーショットではにこやかに微笑んでいるのに、母親の隣では微かに口角を上げている程度。「作り笑いもここまで来てます(笑)」とジャガーは寂しそうだ。

また現在の大維志くんは「私の全てに対して反抗します!」とのこと。「やるな!と言えばやる!やれ!と言った事はやらない!」、注意をすれば「なぜダメなのか分かるように説明してよ!」と理屈っぽい息子に対し、思わずカーッとなってしまうこともあるらしい。だが不妊治療のうえ40歳を過ぎてからやっと授かり、36時間かけて産んだ我が子である。我に返れば「結局は生まれて来てくれてありがとう」と息子に感謝し、「反抗期万歳!」「ママはアナタが幸せなら…OK」と思い直すジャガーであった。

コメント欄には「小学6年の息子がいますが同じです、全く。お腹すいた時と具合い悪い時は、まだ母を求めますが、それ以外は、話しかけても反応なし」「ジャガーさんそれは立派な成長の証、大事なステップなんです。この間生まれた可愛いたいし君がね~、早いものです」「今の私の状態です。息子がいる友達ママからは『クソババぁ』といわれたら子育て成功だ!って言われちゃいました」「思春期のトンネルを抜けたら きっと苦労して産んでくれたママのありがたみを感じて 優しくなると思いますよ」と先輩ママから多数の励ましの声が寄せられている。画像は『ジャガー横田2018年2月12日付オフィシャルブログ「もしかして…仲間外れ」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部みやび)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.