くらし情報『超大胆シースルードレスを選んだのは失敗!? トップモデルのブレッヒェ・ハイネン』

超大胆シースルードレスを選んだのは失敗!? トップモデルのブレッヒェ・ハイネン

2018年2月13日 06:00
 

関連リンク

・瀬戸朝香、週末にプチ旅行「私も子供達もリフレッシュ出来ました」
・リミ フゥ×メゾン ミハラヤスヒロ、うねりを描くハイカットスニーカー&端正な造形のインヒールブーツ
・ザギトワ選手に贈られた秋田犬・MASARU、『週刊朝日』表紙に登場 犬の表紙は96年の歴史で初
今このタイミングで性的アピールが強いドレスは…!?


このほどニューヨークで開催されたあるガラのレッドカーペットに、ドッキリするようなシースルードレスで登壇したオランダ出身のヴィクトリアズ・シークレットモデル。しかしモデルや女優が相次いでお偉方による過去のセクハラ被害を訴え、過度なセックスアピールを控えようという気運にあるハリウッドだけに、「今このタイミングでここまで露出してしまうのはあり?」という感じがしないでもない。

ご存じニューヨーク・ファッションウィークの幕開けとして、米国エイズ研究財団(American Foundation for AIDS Research、amfAR)の主催で行われる「amfAR New York Gala」が、NYフィナンシャル・ディストリクトのCipriani Wall Streetで7日に開催された。ゴージャスあるいは大胆なスリットがセクシーなドレスに身を包んだ女優やモデルが次々とレッドカーペットに登場したが、バストトップがうっすらと透けるレースのドレスを選んだ長身のモデルに人々は仰天。それがヴィクトリアズ・シークレットのショーでも活躍するトップモデル、ブレッヒェ・ハイネン(24)であった。

祖国オランダで15歳にモデルデビューし、欧州で活躍するなか『ELLE』誌の表紙を飾って一躍有名になったブレッヒェ。澄んだブルーの瞳と美しいブロンドの髪、そして女性なら誰もが憧れるふっくらとした唇を武器としている。しかし、このたびの露出度の極めて高いスタイルはチョイスとして成功だったのか、限界を超えていたような気がしないでもない。

美しいモデルや女優による大胆な肌の露出は、セックスアピールと考えれば男性に向けられていると言えなくもないが、世の中の特に同年齢の女性たちの実に多くが「ボディを磨くそのセンスをお手本にしたい」として楽しんで眺めてくれることを本人たちは一番の望みとしている。つまり、女性たちの目を意識して魅せてくれているといっても過言ではない。とはいえ今のタイミングでこのスタイルが高い支持を得るのは難しいのであろう。そう多くのカメラマンを惹きつけなかったとみえ、このガラの彼女を大きく紹介するメディアは実に少ないようだ。

1か月ほど前に開催された「第75回ゴールデングローブ賞授賞式」では、ハリウッドに蔓延していたセクハラや性暴力に抗議するムーブメントの一環として、女優たちが黒づくめのファッションで出席したことが大きな話題となった。そして長いことロサンゼルスで開催されてきたグラミー賞の授賞式が、今年度はニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで開かれた。開放的で陽気なロサンゼルスとは異なり、寒さ厳しいニューヨークでの開催ということもあってか、女性陣の露出度はやはり低めとなっていたようだ。
(TechinsightJapan編集部Joy横手)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.