くらし情報『『本能寺ホテル』テレビ初放送に続き『眠狂四郎 The Final』にも、八嶋智人が助演で活躍』

『本能寺ホテル』テレビ初放送に続き『眠狂四郎 The Final』にも、八嶋智人が助演で活躍

2018年2月13日 11:00
 

八嶋智人『眠狂四郎 The Final』のオフショット(画像は『八嶋智人2018年2月10日付Twitter「本能寺ホテルからの~来週は『眠狂四郎 the final』」』のスクリーンショット)


映画『本能寺ホテル』が劇場公開から1年を経て、2月10日にフジテレビ系土曜プレミアムで地上波初オンエアされた。綾瀬はるか堤真一によるW主演により、現代の女性・繭子(綾瀬)が時を超えて戦国時代の織田信長(堤)から勇気をもらい「やりたいこと」を見つける姿を描く本作に、八嶋智人が出演していた。

彼の役柄は本能寺ホテルに出入りする白衣を着た謎の整体師風な男だ。しきりに指をバキバキ鳴らしたり、何かを警戒するような挙動不審な様子で「もしかしたらエレベーターの秘密を知っているのか」と勘繰らせる演技は、八嶋智人ならではだろう。

八嶋智人(meganeouji840)ツイッター』では次の土曜プレミアムで放送される『眠狂四郎 The Final』について触れている。田村正和による時代劇の代表作『眠狂四郎』がおよそ半世紀ぶりに復活、シリーズ総決算となる作品だ。

眠狂四郎田村正和)と同じく円月殺法を使う剣豪・加賀美耀蔵椎名桔平)が最大の敵として登場するほか、狂四郎のなじみ文字若名取裕子)の家を訪ねて来た若い娘・操(吉岡里帆)が狂四郎のことを「父上」と呼んで驚かせる。

そんななか、狂四郎の周りをついてまわる瓦版屋・金八役を演じるのが八嶋智人である。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.