くらし情報『GLAY・TERU&TAKURO “ヴェネツィア・ライブ”で魅了「夢見ていこう」』

GLAY・TERU&TAKURO “ヴェネツィア・ライブ”で魅了「夢見ていこう」

2018年2月14日 10:37
 

関連リンク

・HKT48・宮脇咲良が韓国で「なりたい顔」と超人気に
・おディーンさま英語会見再び…家族語る内容もカッコよすぎ!
・“長澤まさみ好き”公言の山田孝之「なかなか伝わらない」
土田康彦さん、TERU、TAKURO(画像は『TERU2018年2月14日付Instagram「夢見ていこう」』のスクリーンショット)


GLAYTERUとTAKUROが2月13日、イタリア北東部の都市ヴェネツィアにあるサン・マルコ広場でアコースティックライブを行った。前日開催する予定が雨で1日延期となったものの、この日は青空が見え多くの人々が集まった。

思えば、2016年7月末に開催したGLAYファンクラブ「HAPPY SWING」発足20周年記念ライブにて、TERUが「ファンクラブ30周年記念イベントはヴェネツィアでライブをやらせてくれ。あの素晴らしいサン・マルコ広場をみんなに見せてあげたい」と宣言したのが始まりだ。

昨年はTERUがヴェネツィアに渡って、カーニバルのステージでソロアコースティックライブライブを行っている。今回はTAKUROと渡り、ヴェネツィア・フィルとのコラボで観客を魅了した。

ファンクラブ公式Instagramでライブ配信され、日本のファンも堪能できたようだ。『GLAYTERU glay__teru Instagram』にて「夢見ていこう」とサン・マルコ広場での姿を公開すると、多くの反響が寄せられている。

「イタリア語のMCも凄かったです。夢に向かって進んで行く姿かっこよかったです」「素敵でした。実行力、尊敬です」「まさにBEAUTIFUL DREAMER、感激しました。TERUさん、TAKUROさん、土田さん、スタッフの皆さん、本当にありがとうございました!!」とファンクラブ30周年記念イベントに期待を膨らませていた。

TERUが投稿したスリーショットでTAKUROとともに並ぶのが、ヴェネツィア在住のガラス作家・土田康彦さんである。2010年12月23日、『TERUGLAY)オフィシャルブログ「RUN」』にて友人の紹介で土田さんと会食したことを綴っていた。

イタリアにあるアトリエや家族の話で盛り上がるなか、彼の人柄に魅かれたTERUは「こんな出会いをしたもんだから、いつかベネチアに行きたいと本気で思いました。また新たな夢が!」と記しており、それが形になってゆくのだからイメージすることの大切さを思わせる。

画像は『TERU2018年2月14日付Instagram「夢見ていこう」』『Yasuhiko Tsuchida(official)2018年2月13日付Instagram「雨で1日延期となりましたが、本日14時から本番です。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部真紀和泉)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.