くらし情報『ダコタ・ジョンソン『フィフティ・シェイズ・フリード』撮影秘話明かす 「Tバックが…」』

ダコタ・ジョンソン『フィフティ・シェイズ・フリード』撮影秘話明かす 「Tバックが…」

2018年2月15日 19:59
 

関連リンク

・ヘザー・ロックリア「死んでやる」と騒ぎ病院送りに
・安室奈美恵、“自分らしさ”を徹底追及! 最後のコーセーCM公開
・NEWS増田、小山ラジオ代役出演で謝罪「ご心配をおかけしてしまい…」
ジェイミー・ドーナンとダコタ・ジョンソン(画像は『Fifty Shades2017年2月3日付Facebook「Jamie Dornan and Dakota Johnson pose together as Universal Pictures presents the premiere of “50 Shades Darker”」(Photo: Benjamin Shmikler/ABImages)」』のスクリーンショット)


大ヒット映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』『フィフティ・シェイズ・ダーカー』に続く、シリーズ最終作『フィフティ・シェイズ・フリード』にも主演した女優ダコタ・ジョンソンが、『Marie Claire』のインタビューに登場。そこでジェイミー・ドーナンとの濡れ場撮影を振り返り、「セクシーとはほど遠かった」などと語った。観客の多くを酔わせた官能的なシーンの数々だが、そこにはどのような苦労があったのか。

このほど人気女優ダコタ・ジョンソンが映画『フィフティ・シェイズ』シリーズの撮影を回顧し、特に最終作となる『フィフティ・シェイズ・フリード』の過激な濡れ場撮影につき「セクシーとはほど遠かった」としてこのように語った。

「カジュアルな撮影というわけでもないし、楽しくもなかった。それに簡単なシーンじゃなかったし。」

また気まずいシーンもかなりあったらしく、ダコタはストラップのついていない「Tバック」で撮影に堪えたというのだ。

「そうなの、“紐なしTバック”を体に貼り付けていたのよ。正確に言うとノリではないけど、ベタッとするものがついていて、剥がれおちないようになっているわけ。」
「バストトップだけを隠すモノがあるでしょ。あれのパンツ版よ。」

しかしそれも、動かぬようにピッタリ貼り付けておくのは難しかったそうだ。

「だって上の方しかペタッとくっつかないんだもの。全体にうまく貼りつくワケではないの。途中で剥がれたりしちゃうから。」

過去にもダコタは撮影について、「本当にセックスしているワケではないわ」 「だけど“そのフリ”を7時間も続けているの」と述べ、「撮影に飽き飽きしてしまう」とコメントしたことがある。しかし悪いことばかりではなかったらしく、過去には「(撮影セットから)たくさんの下着を盗んじゃった」「とても着け心地が良かったらよ」と暴露し、ファンを笑わせていた。

今月9日にアメリカなどで公開された本作だが、現地の評価は残念ながら「イマイチ」。しかし映画は、まさに観る人の好みにも大きく左右される。シリーズをこれまで観てきた人もそうでない人も、話題作を大スクリーンで観る価値はありそうだ。

画像は『Fifty Shades2017年2月3日付Facebook「Jamie Dornan and Dakota Johnson pose together as Universal Pictures presents the premiere of “50 Shades Darker”」(Photo: Benjamin Shmikler/ABImages)」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部ケイ小原)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.