くらし情報『橋本環奈、東京暮らしで“福岡あるある”を実感 「全国区じゃないんだ!」』

橋本環奈、東京暮らしで“福岡あるある”を実感 「全国区じゃないんだ!」

2018年2月15日 14:44
 

関連リンク

・アノ星座に、人生がガラリと変わるチャンスが到来? 
・マイケル・ジャクソンの父、末期がん報道後に「日はいつか沈むもの」とツイート
・桐谷美玲「交際順調?」に笑顔で会釈 三浦翔平の交際宣言で直撃受ける
VTR収録中の橋本環奈(画像は『橋本環奈マネージャー2018年2月13日付Instagram「こんにちは!環奈MGです。」』のスクリーンショット)


橋本環奈は2017年3月に地元福岡の高校を卒業、6月頃から東京に住民票を移し女性マネージャーと2人暮らししている。都内での生活に慣れてきたであろう彼女が、2月13日放送のTNCテレビ西日本制作のバラエティ特番『バカリズム&小峠の僕らも福岡芸人だ!』にVTR出演した。

バカリズム小峠英二バイきんぐ)は福岡県出身にもかかわらず、番組が事前に福岡で「福岡出身の有名人は?」と街頭調査したところ「タモリ武田鉄矢松田聖子博多華丸・大吉…」と挙がるなか2人の名前は全く出てこない。

それを受けて昨年2月14日に『バカリズム&小峠の僕らも福岡芸人だ!』第1弾を放送、2人が地元での認知度アップと福岡でのレギュラー番組獲得に向けて福岡の街で「僕たちも福岡県民に愛されたい!!」とアピールした。

今回はその第2弾で、2人を良く知るワタナベエンターテインメント九州事業本部所属のピン芸人・ゴリけんも合流して福岡グルメを堪能したり街の人々と触れ合う。

そんななか、VTRでメッセージを送ったのが橋本環奈である。高校生まで福岡で過ごしただけあり、昨年の放送を見て「牧のうどん」が出てきた時には「イントネーションはどれが正解なの?」と悩むほど情報が細かい。

今回は何としてもロケに同行したかったが、ドラマ『FINAL CUT』のスケジュールが入っていて叶わなかった。もし次の第3弾に出演したら「お二人と行きたいところがあるんです」と紹介したのが、「天麩羅処ひらお」である。

本店は福岡市博多区東平尾にあり福岡エリアに店舗展開するが、彼女は「新天町のところによく行った」というので昨年3月下旬に惜しまれつつ閉店した天神店に通っていたのだろう。「カウンターの感じが入りづらいが、女子高生でも意外に勇気を出して行くと入りやすい。おいしい、安い、いいことだらけ」とおすすめする。

それだけに、上京してから「天麩羅ひらおって全国区じゃないんだ!」と全国チェーンでないことを知って驚いたことを明かし、「これ絶対(福岡)あるあるだと思います」とアピールした。

「本当に福岡に行きたいです。是非お願いします!」とVTRから訴えられたバカリズムは、2016年度のNHK Eテレ『テストの花道 ニューベンゼミ』で彼女とレギュラーを務めた際に「出てよと誘ったところ、出たいと言っていたので、オファーも出していた」という。もし「バカリズム小峠英二橋本環奈」でロケとなったらゴリけんの出番が心配だ。バカリズムは「その時はVTRで出てよ」というが、今度は小峠が「ゴリけんのVTRは何を流すの?」と心配していた。

画像は『橋本環奈マネージャー2018年2月13日付Instagram「こんにちは!環奈MGです。」』『バカリズム2018年2月13日付Instagram「今夜7時から。TNC「バカリズム小峠の 僕らも福岡芸人だ!」」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部真紀和泉)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.