くらし情報『セリーナ・ウィリアムズ アフリカ系少女ら招き、映画『ブラックパンサー』試写会開く』

セリーナ・ウィリアムズ アフリカ系少女ら招き、映画『ブラックパンサー』試写会開く

2018年2月17日 16:04
 

「こういう映画をずっと待っていた」とセリーナ(画像は『Serena Williams2018年1月12日付Instagram』のスクリーンショット)


米時間2月16日に公開された映画『ブラックパンサー』。アフリカ系のスーパーヒーローを主人公にしたマーベル初の作品とあって、公開前から大きな話題を集めていた。公開前日にあたる15日、テニス界の女王セリーナ・ウィリアムズ夫妻は、アフリカ系の少女約40名を同映画のサプライズ試写会に招待、楽しい一夜を過ごしたようだ。

今回のイベントは、セリーナの夫で全米最大級のソーシャルニュースサイト「Reddit」の共同創業者であるアレクシス・オハニアン氏のアイディアによって実現したもの。7~17歳までのアフリカ系の少女を対象とした、コンピューター・サイエンスやテクノロジー業界でのリーダー育成をめざす非営利団体「Black Girl Code」に参加している約40名をサンフランシスコ市内の劇場に招待し、セリーナらと映画鑑賞を楽しんだもよう。少女たちはセリーナが来ることは事前に知らされていなかったため、テニス界のスーパースターが姿を現した途端、会場は大きな歓声に包まれた。

セリーナは映画が始まる前の挨拶で「(アフリカ系スーパーヒーローの主演映画誕生は)ここにいる私たちにとって、そしてすべての有色人種の人々にとって大きな出来事です」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.