くらし情報『スノボ男子・銀メダルの平野歩夢 帰国後にインスタ更新で「いいね!」14万超』

スノボ男子・銀メダルの平野歩夢 帰国後にインスタ更新で「いいね!」14万超

2018年2月18日 16:59
 

関連リンク

・橋本環奈が目薬を手に“セーラームーン”ポーズ 「お仕置きされたい」人が続出
・元「SMAP」3人とオートレーサー森且行が合流か?
・AKB48、ベトナム拠点「SGO48」結成へ 海外7グループ目
戦った選手たちに敬意を表した平野選手(画像は『AYUMU HIRANO2018年2月17日付Instagram「Congrats to @shaunwhite @scottyjames31 and everyone who rode at the Olympics!」』のスクリーンショット)


平昌五輪のスノーボード・男子ハーフパイプで銀メダルを獲得した平野歩夢選手(19)が17日、帰国後初めてInstagramを更新した。彼は「全ての人達に、ありがとう」と感謝の言葉を述べ、一緒に戦った各国の選手への敬意を表している。

『AYUMU HIRANO ayumuhirano1129 Instagram』の最新の投稿は、平昌オリンピックのスノーボード・男子ハーフパイプ決勝の競技終了後に行われたフラワーセレモニーで、優勝のショーン・ホワイト選手(アメリカ)と3位のスコッティ・ジェームス選手(オーストラリア)、そして平野歩夢選手が並ぶ3ショットだ。18日16時現在で「いいね!」が14万超、コメントも5000件近くに上り、日本のみならず海外からもコメントが寄せられている。

コメントの多くは「銀メダル、おめでとうございます!」「感動をありがとう!」「お疲れさまでした!ゆっくり休んでくださいね」といったお祝いと労いの言葉である。また平野選手の滑りを見て「スノーボードに興味を持った」「息子がやりたいと言っている」という声も目立つ。平野選手は「五輪をきっかけに、たくさんの人に競技を知ってもらったことが結果よりうれしい」と帰国会見で語っていたが、SNSに寄せられたコメントから実感したものなのだろうか。

そんな平野選手は“スノーボードの競技人口が増えてほしい”と切に願い、そのためには「自分がイヤで面倒くさいことでも、他の人のためにも表に出なきゃいけない機会もあると思う」と自らが広報役となることを覚悟しているという。彼は自身が大空に舞う姿を度々Instagramで披露しているが、そのような姿もスノーボードに関心を持ってもらう第一歩になりそうだ。

画像は『AYUMU HIRANO2018年2月17日付Instagram「Congrats to @shaunwhite @scottyjames31 and everyone who rode at the Olympics!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部みやび)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.