くらし情報『イモトアヤコ、南極最高峰“ヴィンソン・マシフ”登頂に見るバラエティならではの感動』

イモトアヤコ、南極最高峰“ヴィンソン・マシフ”登頂に見るバラエティならではの感動

2018年2月19日 18:27
 

関連リンク

・ついに発覚?クロちゃん「目に余るクズっぷり」には台本があるのか
・乃木坂46白石麻衣の大胆な夏先取り写真が見られる! 謎のインスタ登場
・ガンバレルーヤが“新橋の母”の占いに感涙! その理由は…
涙するイモトアヤコ「マジでしんどかったわ」(画像は『イモトアヤコ 公式2018年2月19日付Instagram「#南極の氷で流しそうめん」』のスクリーンショット)


イモトアヤコが昨年12月25日、南極最高峰であるヴィンソン・マシフの登頂にアタックした。2月18日に冒険バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!南極3時間スペシャル』(日本テレビ系)でプロジェクトの成功までを放送、ドキュメンタリーでありバラエティ要素を忘れない内容が見る者を感動に包んだ。

彼女はオンエア後に『イモトアヤコ 公式 imotodesse Instagram』で「珍獣ハンターイモトにならなければきっと行くこともとより耳にする事もなかったであろうヴィンソンマシフ…」と感慨を綴っている。

「行くまでの道のり、寒さ、強風、涙の回数、僻地感、そして応援してくださる方、とにかくすべてが今まででNO1でした」との言葉に、“辛さ”や“喜び”そして“感謝”といった気持ち全てが詰め込まれているようだ。

南極でいよいよヴィンソン・マシフへ近づいた一行を台風並みの吹雪が襲う。テントのポールが折れるほどの衝撃で10個中8個が崩壊した。

そこでめげずに修理して立て直すのが山男たちの凄さだが、強風の影響で日程が遅れ計画を変更して高山病対策の「高所順応」を削ってアタックすることとなる。

12月25日、テントで目を覚ましたイモトは「手紙があるよ」と気づき、それを読んで目を疑った。そのメッセージは「イモトさん、頑張れ!ナミエより」と書かれていたからだ。

「ちょっと待って、パニクってるんだけど!」と動揺を隠せない彼女は、隣のテントに向かって「本当に!?」「石崎さん?」と確認した。すると石崎Dが寝ぼけた声で「俺の母さんの友達の、娘のナミエ」と明かし「紛らわしいことすんなよ!」とイモトを拍子抜けさせた。

そんなイモトも高山病の症状に苦しむが、その彼女を励まし続けた石崎Dが登頂アタック目前で「もうろうとしてふらふらする」と訴えやむなく下山した。彼の離脱でイモトは「石崎さん、きっと良い画を撮ってくるから」と奮起する。

苦難の末ついに登頂に成功すると、彼女は絶景に感激しつつ「ちょっとマジでしんどかったわ。短期決戦だけど皆無理して。何人か…石崎さんも来られなかったし…」と険しい道のりを振り返った。

頂上には15分程度滞在しただけで、今度は一気にベースキャンプまで下山、石崎Dを見つけたイモトは「体調大丈夫?」と心配した。すると彼は突然“にゃんこスター”がネタで見せる踊りを真似るではないか。その姿に「にゃんこスターかい!感動が薄れるわ!」と呆れながらもホッとするイモトだった。

“イッテQ!登山部”ではこれまでにキリマンジャロ(アフリカ大陸)やモンブラン(アルプス山脈)、アコンカグア(アンデス山脈)、マッターホルン(アルプス山脈)、マナスル(ヒマラヤ山脈)、キナバル山(マレーシア)、マッキンリー(アラスカ山脈:2015年8月31日付で「デナリ」呼称)、アイガー(スイス)など数々の山に挑んでいる。

貫田宗男さんをはじめ名だたる登山家が参加して命がけで臨む企画は、イモトアヤコさえ「バラエティでやることではない」とこぼしたほど過酷だ。しかし、純粋なドキュメンタリー番組だったらこれほど多くの人々が見ただろうか。

今回のヴィンソン・マシフでは南極大陸で元気を出そうと、極寒のなか“お笑いネタ大会”をやったり、出川哲朗が差し入れた「ヘルメットから水が落ちる“ロシアンルーレット”」に興じて楽しませてくれた。

さらには登頂してから、おそらく初めてと思われる「8Kカメラ」で撮った南極の世界を映す際にはBGMに安室奈美恵の『Finally』を流した。安室ファンのイモトアヤコにとって最高の演出だ。

このように過酷なチャレンジを成し遂げるイモトアヤコや参加メンバーの姿にバラエティらしい工夫を加えることで、『イッテQ!』ならではの感動を生むのだろう。「“イッテQ!登山部”はまだまだ続く」とナレーションで告げたが、次はどのような風景を見せてくれるか楽しみである。

画像は『イモトアヤコ 公式2018年2月19日付Instagram「#南極の氷で流しそうめん」「#美味しいラーメンに」、2018年2月18日付Instagram「#少々長文になります」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部真紀和泉)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.