くらし情報『イモトアヤコ、南極最高峰“ヴィンソン・マシフ”登頂に見るバラエティならではの感動』

イモトアヤコ、南極最高峰“ヴィンソン・マシフ”登頂に見るバラエティならではの感動

2018年2月19日 18:27
 

涙するイモトアヤコ「マジでしんどかったわ」(画像は『イモトアヤコ 公式2018年2月19日付Instagram「#南極の氷で流しそうめん」』のスクリーンショット)


イモトアヤコが昨年12月25日、南極最高峰であるヴィンソン・マシフの登頂にアタックした。2月18日に冒険バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!南極3時間スペシャル』(日本テレビ系)でプロジェクトの成功までを放送、ドキュメンタリーでありバラエティ要素を忘れない内容が見る者を感動に包んだ。

彼女はオンエア後に『イモトアヤコ 公式 imotodesse Instagram』で「珍獣ハンターイモトにならなければきっと行くこともとより耳にする事もなかったであろうヴィンソンマシフ…」と感慨を綴っている。

「行くまでの道のり、寒さ、強風、涙の回数、僻地感、そして応援してくださる方、とにかくすべてが今まででNO1でした」との言葉に、“辛さ”や“喜び”そして“感謝”といった気持ち全てが詰め込まれているようだ。

南極でいよいよヴィンソン・マシフへ近づいた一行を台風並みの吹雪が襲う。テントのポールが折れるほどの衝撃で10個中8個が崩壊した。

そこでめげずに修理して立て直すのが山男たちの凄さだが、強風の影響で日程が遅れ計画を変更して高山病対策の「高所順応」を削ってアタックすることとなる。

12月25日、テントで目を覚ましたイモトは「手紙があるよ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.