くらし情報『ジェニファー・アニストン、結婚破綻で傷心 あの“プレイボーイ”も同情か』

ジェニファー・アニストン、結婚破綻で傷心 あの“プレイボーイ”も同情か

2018年2月20日 10:00
 

関連リンク

・「結婚はたぶんしない」芸人ヒロシに学ぶ“結婚に魅力を感じない”男性像【恋占ニュース】
・土屋太鳳、石井杏奈を後ろから抱きしめる写真を公開「距離感に萌えます」の声
・声優・金元寿子、海外留学のため休業へ 来年3月復帰予定
ジェニファー・アニストン、元共演者に励まされることも?


2010年のアメリカ映画『バウンティー・ハンター(原題: The Bounty Hunter)』で共演した俳優ジェラルド・バトラーと、一時「男女の仲なのではないか」と噂された女優ジェニファー・アニストン。一度は写真撮影でバトラーがジェニファーのお尻を掴む姿まで撮られもしたのだが真剣愛には発展せず、ジェニファーはジャスティン・セローと交際を始め結婚。しかし幸せは長くは続かず、先日「カップルとしては別れます」とジャスティンとの破局を発表したばかりだ。

「俺は、今もなお姫に出会えずにいる。」
「大勢の姫に出会ってきたさ。でも俺だけの姫にはまだ…。」
「だが、もしかすると、もう運命の姫には出会っているのかもしれない。そう、姫はいつの日かこの俺の人生に舞い戻ってくるかもしれないな。どんな可能性も排除するものではない。しかし今の俺が誰かと付き合っているかというと…悲しいことに、答えはNoだ。」

そんな発言から4年、女性には積極的にアタックするタイプながら今も“姫”に出会えていないジェラルド・バトラーが夫ジャスティン・セローとの結婚破綻を発表したばかりのジェニファー・アニストンを「励ましている」というニュースがある。

かつて2人は映画で共演し、意気投合。それもあって、ジャスティンとの破局で憔悴しているジェニファーがジェラルドと再び話すようになったという「噂」がやはり飛び出した。ある情報筋は『The Star』に対し、こう話しているという。

「ジェニファーとジェラルドは、ずっと話しこんでいますよ。」
「ジェニファーは、すぐにニューロマンンスを始めたりしませんよ。誰ともね。ですがジェラルドが必死に慰めてくれることに、胸を打たれているんです。」
「彼女の心の準備さえできれば、ジェラルドが彼女に寄り添うでしょうね。」

だがファンからは、「ジェニファーの元夫で、アンジェリーナ・ジョリーに離婚を申請されたブラッド・ピットがいるではないか」「ブラピとの復縁が一番良い!」という声もあがっている。49歳にして若々しく美しいジェニファーだけに、まだ独身のジェラルドは「もしかして俺の姫はやはり彼女なのかも」と思っているのかもしれないが、ライバルはきっと多いはず。ジェニファーを姫にするのは、そうは簡単に行かないかもしれない。(TechinsightJapan編集部ケイ小原)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.