くらし情報『美しすぎるフィギュア米代表アダム・リッポン選手 極貧から悲願の五輪出場へ 「ジムのリンゴを盗んで食いつないだ」』

美しすぎるフィギュア米代表アダム・リッポン選手 極貧から悲願の五輪出場へ 「ジムのリンゴを盗んで食いつないだ」

2018年2月21日 10:00
 

気品あるルックスと個性的な性格のギャップで人気急上昇中のアダム(画像は『Adam Rippon2017年12月29日付Instagram』のスクリーンショット)


その完璧なルックスと美しい演技で、日本でもファンの多い平昌五輪米国代表のフィギュアスケーター、アダム・リッポン(28)。五輪会場でのインタビューや自身のSNSでのユニークな発言が注目を集め、ただいま世界中で人気急上昇中のようだ。

自身が同性愛者であることをオープンに語っていた、初の冬季五輪米国代表のアダム・リッポン選手。平昌五輪のフィギュアスケートでは団体戦で銅メダル、個人戦で10位に入賞するという結果を残した。4年前、オリンピックへの切符を手にすることができず、チームメイト長洲未来(24)と一緒に悔し涙を流したアダム。今大会での自身のパフォーマンスを振り返り「夢のような結果が出せたオリンピックゲームだった」と語る姿には、実力を出し切ったという清々しさがあった。

ペンシルベニア州の貧しい母子家庭で6人きょうだいの長男として育ったアダム。5年前にカリフォルニア州に引越した当初は、なけなしの金をはたいてジムに入会した。その日食べるものに困るほどでの困窮ぶりで、ジムに置いてあるリンゴを盗んで食いつないでいたという。今月3日にはこんなツイートでこれまでの苦労を振り返っている。

「あの時、自分自身に言い聞かせたんだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.