くらし情報『石田ひかり “北京目指す”葛西紀明選手に「同級生の活躍はほんとうに励みになる」』

石田ひかり “北京目指す”葛西紀明選手に「同級生の活躍はほんとうに励みになる」

2018年2月21日 12:00
 

関連リンク

・安田顕、アミューズ株主総会でパジャマトーク
・可能性たっぷりの水着姿 新人・咲良七海が魅了
・川田裕美、同期・虎谷温子アナと浴衣で京都旅満喫「素の部分が出ている」
葛西紀明選手と同い年の石田ひかり(画像は『石田ひかり2018年1月19日付Instagram「一月 初芝居あり 帰省あり」』のスクリーンショット)


平昌オリンピックに日本最年長選手として参加した、スキージャンプの“レジェンド”葛西紀明選手。8度目の冬季オリンピックとなった今回は思うようなジャンプができず悔しそうな姿が印象的だったが、彼のひたむきな姿に感銘を受ける同世代は多いようだ。葛西選手と同い年の女優・石田ひかりもその一人で、全競技を終えた葛西選手にエールを送っている。

石田ひかりは20日、自身のInstagramを更新。競技を終えた葛西選手の新聞記事を投稿し、「お疲れ様でした」と労った。

1992年のアルベール以降、8回もの冬季オリンピックに出場し続ける葛西紀明選手は言わずと知れたジャンプ界の“レジェンド”だ。今回は日本選手団最年長出場となったが、石田はそんな彼と同い年の45歳である。

今回の平昌では残念ながらメダル獲得とはならなかった葛西選手だが、石田は「同級生の活躍はほんとうに励みになる」と明かし「わたしもずっと変化して進化していられるようがんばろ!!」と決意を新たにしていた。

さらに4年後の北京五輪にも意欲を見せたレジェンドの姿に、「四年後の楽しみがまたひとつ」「心の底から応援してますっ」とエールを送ると、同世代のフォロワーからも「同い年の活躍は嬉しいものです」「葛西さんを見ると頑張らなきゃ!って思えます」とのコメントが寄せられた。競技結果だけでなく、常に意欲を燃やすレジェンドの貪欲な姿勢そのものが多くの人々に刺激を与えているようだ。

画像は『石田ひかり2018年1月19日付Instagram「一月 初芝居あり 帰省あり」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部根岸奈央

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.