くらし情報『『SATC』共演女優の確執 キムの恋人演じた俳優は「僕はサラの味方」』

2018年2月25日 18:23

『SATC』共演女優の確執 キムの恋人演じた俳優は「僕はサラの味方」

キムの相手役を務めたジェイソン・ルイスも一言…(画像は『Sex and the City2010年3月25日付Facebook』のスクリーンショット)


ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』を大ヒットさせ映画化も実現させた主演の女優達だが、実際の関係は特別良いものではなかったもよう。特にサマンサ・ジョーンズ役のキム・キャトラル(61)は主人公キャリー・ブラッドショーを演じたサラ・ジェシカ・パーカー(52)のことを嫌っていたらしく、「ドラマのなか以外では、あんな友情なんてありもしなかった」「私達は友達なんかじゃなかった」と暴露した。特にサラについては「もっと親切な振る舞いもできたでしょうに」と述べ「意地悪女だった」と示唆し、サラはそれに大変傷ついたと明かしている。そんな中、今度はドラマでキムの年下恋人を演じたジェイソン・ルイス(46)がTV番組に登場。そこでズバリ本音を明かした。

このほどキム・キャトラルが演じたサマンサ・ジョーンズの恋人を演じたジェイソン・ルイスが、ロサンゼルスにてTV番組に出演した。新作映画『Half Magic(原題)』のプロモーションをする予定であったが、“話題のサラ&キムの確執”につき、こう問われた。

「で、あなたはサラの味方ですか?」

ジェイソンは少々困ったように苦笑いしつつ、「ああ。そういうことだね」。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.