くらし情報『ボビー・ブラウン、元妻ホイットニー・ヒューストンや愛娘の衝撃死につき語る』

2018年3月2日 05:00

ボビー・ブラウン、元妻ホイットニー・ヒューストンや愛娘の衝撃死につき語る

「ホイットニーはクリーンになろうと努力していた」とボビー(画像は『Whitney Houston2017年9月22日付Facebook「Here’s a still from Whitney’s “My Name Is Not Susan.”」』のスクリーンショット)


世界中の音楽ファンを熱狂させたホイットニー・ヒューストンは、2012年2月にホテル客室の浴槽内で倒れていたところを発見された。救急隊が蘇生処置を施したが48歳の若さで死去し、不慮の溺死であったこと、また遺体からドラッグが検出されたことも明らかになった。その後、2015年に彼女が元夫ボビー・ブラウンともうけた愛娘ボビ・クリスティーナが自宅浴槽に顔を入れた状態で発見されるという悲劇が発生。しかし、機械の補助なしでは生きられなくなった娘を「絶対に死なせない」というボビーの執念が伝えられていた。だが同年に娘はわずか22歳で死去。あまりにも深い悲しみを経験したボビーが、元妻ホイットニーや母と同じように亡くなってしまった娘について語った。

ホイットニー・ヒューストンの急死から6年、このほど彼女がかつて愛し結婚までしたミュージシャンのボビー・ブラウンがメディアのインタビューに応じ、このように述べた。

「ホイットニーは、ドラッグのせいで死んだんじゃない。俺はそう思ってる。」
「クリーンになるべく、ホイットニーは頑張っていたんだ。それに、ホイットニーは素晴らしい女性だった。」
「だけどホイットニーは、ずいぶん心が傷ついた状態だった。」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.