くらし情報『バナナマン設楽、大手ゲームメーカーでの決断に実感「ルールは大事だが気持ちも必要」』

2018年3月3日 20:36

バナナマン設楽、大手ゲームメーカーでの決断に実感「ルールは大事だが気持ちも必要」

設楽統と剛力彩芽が心に響いた「仕事の意味」とは…


ドキュメンタリー系バラエティ番組『奇跡体験!アンビリバボー』で3月1日に放送した“ゲームと少年巡る特別な3日間人生変える奇跡の出会い”が多くの心を打った。スタジオレギュラーの剛力彩芽バナナマン設楽統日村勇紀も予想を超える展開に「この話自体がゲームみたいになってきている」と唸る。

2006年5月から販売されたゲームソフト『.hack//G.U.(ドットハック・ジーユー)』の開発に関わった「サイバーコネクトツー」の代表取締役社長・松山洋さんが、12月にバンダイナムコゲームスの新旧担当プロデューサー中田理生さん・内山大輔さんと3人である「少年」を訪ねることになった。

その「少年」藤原洋くんは生後9か月で眼球に小児がんの一種を発症し右目を摘出、19歳になって左目ににがんが再発し2年ほど治療したが命を守るため左目も摘出することが決まる。彼は視力を失う前にどうしても『.hack//G.U.』の第3作をやりたいと願い、その思いを知ったソーシャルワーカーがバンダイナムコに相談してきたのだ。

『.hack//G.U.』は3部構成で第1作、第2作は2006年に販売されており、第3作は2007年1月18日発売予定だった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.