くらし情報『『もみ消して冬』脚本が見事 “靴を隠した犯人”の真相に感動』

2018年3月4日 18:50

『もみ消して冬』脚本が見事 “靴を隠した犯人”の真相に感動

小澤征悦、児嶋一哉、波瑠、千葉雄大(画像は『波瑠2018年3月3日付Instagram「兄さんと松也とクリーニング屋。」』のスクリーンショット)


日本テレビ系土曜ドラマ『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』は原作なしのオリジナル脚本である。スタート前にはHey! Say! JUMPの山田涼介が主演を務める“痛快「どコメディ」ホームドラマ”として注目されたが、蓋を開ければ「笑える」サスペンスのように楽しめて良い意味で裏切られた。

主人公の警視庁刑事部刑事総務課に所属するエリート警察官・北沢秀作山田涼介)は、敏腕弁護士の姉・知晶(波瑠)、大学病院に勤める天才心臓外科医の兄・博文(小澤征悦)そして父親で私立中学校・北沢学園の学園長・北沢泰蔵(中村梅雀)とお屋敷に暮らすセレブ一家だ。

さらにベテラン執事の小岩井(浅野和之)や新米執事・楠木(千葉雄大)、北沢家に出入りするクリーニング屋・手毛綱児嶋一哉)、秀作の警視庁仲間・尾関光希小瀧望/ジャニーズWEST)と池江里子恒松祐里)が主な登場人物となる。

北川家の末っ子である秀作が理不尽な目に遭い「心の声」で訴えながらコメディタッチで進む手法では、ストーリーを広げるのに限界があるかに思えた。ところが毎回、予想を超える展開で「笑い」に加え「感動」さえ覚えていく。

特に3月3日放送の第8話は「推理ドラマ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.