くらし情報『アカデミー賞アフターパーティーでは一流食材がずらり 宮崎牛や焼酎「黒霧島」も』

アカデミー賞アフターパーティーでは一流食材がずらり 宮崎牛や焼酎「黒霧島」も

2018年3月5日 19:54
 

息子とパーティーの準備に励むパック氏(画像は『Wolfgang Puck2018年3月3日付Instagram「Preparing for the Governors Ball with my son @byronpuck.」』のスクリーンショット)


米時間3月4日にロサンゼルスのドルビーシアターで開催された第90回アカデミー賞授賞式。その直後に行われるのが「ガバナーズ・ボール」と呼ばれる超豪華な“アフターパーティー”だ。お腹を空かせたセレブたちがこぞって出席するそのパーティーでは、いったいどんな料理が提供されたのだろうか。

今年の「ガバナーズ・ボール」はドルビーシアターの「レイ・ドルビー・ボールルーム」にて行われ、アカデミー賞受賞者や候補者、プレゼンターらおよそ1500人のゲストが出席したという。料理の総指揮を務めたのはオーストリア出身のウルフギャング・パック氏(Wolfgang Puck)で、このパーティーを24年連続で取り仕切っている超有名セレブシェフだ。

「全米で最も素晴らしいパーティー」と自信をのぞかせるパック氏。今年も世界中から一流食材を取り寄せ、当日は60種以上のメニューを披露した。ピザやミニバーガーといったカジュアルなスタイルのアペタイザーや、マカロニ&チーズ黒トリュフがけ、ベイクドポテトのキャビア盛り、アスパラガスのスープなど、これらのほんの一例にすぎない。

普段から高級レストランで食事を楽しむ、舌の肥えたセレブたち。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.